速報
» 2010年10月29日 16時02分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」夕刊:持高調整の売りもあって大幅下落 (1/2)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]

市況概況

日経平均 9202.45円 ▼163.58円
売買高 21億5116万株
日経平均先物 9190円 ▼180円
売買代金 1兆4862億円
TOPIX 810.91 ▼3.42
値上がり銘柄 580銘柄
東証マザーズ指数 348.10 △1.11
値下がり銘柄 992銘柄
日経ジャスダック平均 1154.73円 ▼3.43円
変わらず 91銘柄
騰落レシオ 74.06% ▼0.34%

日経平均

好決算発表銘柄が多いが円高や景気悪化懸念が根強く、持高調整の売りもあって大幅下落

 米国市場は底堅いながらも方向感のない冴えない展開となり、為替も円高に振れたことに加え、朝方発表された鉱工業生産指数が予想を下回ったことから売り先行となりました。好決算を発表した銘柄が多く、外国人売買動向(市場筋推計、外資系10社ベース)も買い越しと伝えられたのですが特に材料視されることもなく、寄り付きの売りが一巡した後も週末、月末ということや円高がさらに進んだことを嫌気、持高調整の売りもあって大きな下落となりました。

 後場は前引け後にも好調な決算や増配が発表される銘柄が多かったことで、寄り付きの売りが一巡した後は底堅さは見られました。ただ、為替は円高基調が変わらず、政府の動きも見られず、好決算への反応も鈍く、持高調整の売りや見切り売りに押されて大幅安水準でのもみ合いとなりました。昨日まで底堅さも見られ、好決算発表銘柄も多かったのですが、決算動向などに関係のないところで、「月末」ということだけで処分売りも多く、今日は最後まで売りも途切れませんでした。

 小型銘柄も軟調なものが多かったのですが、東証マザーズ指数は米社との提携でインターネット銘柄が大幅高となったことで堅調、日経ジャスダック平均も安値更新となりましたが、主力銘柄ほどの下げとはなりませんでした。先物は朝方から断続的にまとまった売りが出て指数を大きく下押す要因の一つとなりました。週末のヘッジ売りに加え、月末の処分売りに伴う先物売りなどもあったものと思われます。

 輸出企業のドル売りで円高となっているとの見方もありましたが、対米ドルだけではなくユーロなど他の通貨に対しても大きく円高となっていたところを見ると、月末ということで、円キャリー取引の解消などもあったのかもしれません。企業決算は好調なものが多いのですが、経済指標は芳しくないと言う一時期米国で見られたような現象となっています。海外で稼いだものの国内の景気が芳しくないということでしょう。企業の収益が個人の消費につながって来るまでは米国のような強い政策が必要ということなのでしょう。はっきりと政策の方向が見られるまで、円高一服となるまで好決算銘柄が多くても冴えない展開が続きそうです。

テクニカル分析

日経平均

NYダウ

 雲のねじれの日柄で雲を輪り込んでしまいました。下値を確認するような展開になるものと思われますが、かろうじて遅行線が日々線にサポートされてもろい、RSIやストキャスティックスは下値余地もあるのですが底値圏にあり、底堅さも見られるかもしれません。雲の下限に沿って、下値を確かめるようなもみ合いとなりそうです。

TOPIX

NYダウ

 安値を窺うような展開になりました。ストキャスティックスは底値圏にあるのですが、RSIは下値余地もあり、下値を固めるような動きとなって来るのかもしれません。転換線までの戻りはすぐにでもある可能性もあり、また、本日の形が「たくり足」となって反発となる可能性もありますが、一気に抜けて来るにはもう少し時間がかかりそうです。

円相場

NYダウ

 転換線のサポートを確認するかのように調整となりました。ここから反発とならないと転換線に押さえられた格好となり、再び下値を試すことになってしまいます。ここで堅調となれば、転換線のサポートを確認する形で戻りを試すことになるものと思います。RSIもストキャスティックスもまだ上昇が続いていると考えられますが、ここで軟調となると戻り切らないうちに再度下値を固めることになってしまいそうです。

銘柄ピックアップ

円高や景気の先行き懸念から売られる

コマツ(6301) 1972 △35

 昨日の引け後に中国などアジアの新興国を中心に建設機械の販売が好調で、2011年3月期の純利益が前期比3.6倍になりそうだと発表、総じて軟調な地合いの中で堅調となりました。

ガイシ(5333) 1219 ▼322

 昨日の引け後に2011年3月期の連結純利益が前期比32%増と発表、従来予想(40%増)から下方修正されたことが嫌気されて売られ、大幅安となりました。

デンソー(6902) 2505 ▼44

 前場引け後に2011年3月期業績の上方修正と増配を発表しましたが、材料視されず、円高を嫌気する動きや持高調整の売りに押されて下げ幅拡大となりました。

シャープ(6753) 795 ▼49

 昨日の引け後に2011年3月期の連結業績見通しの下方修正を発表、市場予想も下回ったことも嫌気され、売り気配から始まり大幅下落となりました。

帝 人(3401) 298 △18

 前場は持高調整の売りに押されて軟調な展開でしたが前場引け後に2011年3月期業績の上方修正を発表、市場予想も大きく上回ったことが好感されて買われ、後場は買い気配から始まり大幅高となりました。

ミクシィ(2121) 468000 △28000

 世界最大のSNS(交流サイト)、米フェースブックと提携し、利用者が投稿する情報を共有できる新サービスを開始、収益拡大につながるとの期待から買われ、大幅高となりました。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集