ニュース
» 2010年10月28日 23時11分 UPDATE

ホンダ、ロードスポーツ「CBR250R」を来春国内で発売

本田技研工業は10月27日、250ccのロードスポーツバイク「CBR250R」を発表した。CBR250Rはタイホンダマニュファクチュアリングカンパニーが生産し、2011年春にも国内投入を予定する。

[岡田大助,Business Media 誠]

 本田技研工業は10月27日、250ccのロードスポーツバイク「CBR250R」を発表した。CBR250Rはタイホンダマニュファクチュアリングカンパニーが生産し、2011年春にも国内投入を予定する。

CBR250R CBR250R(出典:本田技研工業)

 CBR250Rは、日本とタイで研究開発を進め、「初心者からベテランまで幅広い層がモーターサイクルを操る楽しさを体感できるモデル」として開発したという。タイホンダは、2010年3月に国内でも発売した125ccスクーター「PCX」などを生産しているが、本製品は初の本格ロードスポーツモデルにして最大排気量車になる。

 搭載エンジンは、新たに開発した250cc水冷4ストロークDOHC単気筒エンジンを搭載する。O2センサーやマフラー内に装備する触媒装置(キャタライザー)などにより、欧州排出ガス基準Euro3やタイの第6次エミッション規制値に適合した。

 ダイヤモンドフレームを採用し、軽量・コンパクトでも高い剛性を確保した。また、同クラスのロードスポーツモデルとして世界初(ホンダ調べ)となるコンバインドABSを設定。前・後輪連動ブレーキシステム「CBS(コンバインドブレーキシステム)」とABS(アンチロックブレーキシステム)を組み合わせ、制動時の安定性を高めた。

CBR250RCBR250R CBR250R(出典:本田技研工業)

関連キーワード

本田技研工業 | バイク


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集