速報
» 2010年10月28日 08時36分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」朝刊:堅調な経済指標の発表を受けて金融緩和期待が後退しまちまちの展開 (1/2)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]

<NYダウ>11126.28▼43.18

<NASDAQ>2503.26△5.97

<為替:NY終値>81.76-81.82

堅調な経済指標の発表を受けて金融緩和期待が後退しまちまちの展開

 朝方発表された耐久財受注や新築住宅販売が予想を上回ったこともあり、金融緩和期待が後退、商品相場も軟調となったことで売り先行となりました。景気回復は期待されるものの、金融緩和期待で上げていた分がはげるような格好で軟調となるものも見られました。もっとも、金融緩和の規模の問題であり、軟調となる場面ではしっかりと買い戻しや値ごろ感からの買いも入り、総じて見ると底堅い堅調な展開となっています。

 商品相場などに流入している投機的な資金がいったん手を引いた感はあるものの、金融緩和やドル安効果から企業業績が回復、その流れで経済指標も好転しているということです。したがって、更なる金融緩和も投機的な資金流入を期待した緩和ではないわけなので、素直に景気回復を織り込む形で底堅い堅調な地合いとなっています。金融緩和期待が一人歩きして拡大してしまった分の調整と言うことだと思われます。

 個別には原油や金の先物価格が下落となったことから、エクソン・モービルなどの石油株やパブリック・ゴールドなどの金鉱株が軟調、アルコアなど素材株も安くなりました。ドル高となったことでキャタピラーやGE(ゼネラル・エレクトリック)などは軟調となりましたが、インテルやIBMは堅調となるなどハイテク銘柄、景気敏感銘柄はまちまちとなりました。シティグループは軟調となったものの、金融緩和期待が後退した割にはバンク・オブ・アメリカやJPモルガンチェースが堅調となるなど金融株は総じて堅調となりました。決算発表にはまちまちの反応となり、1株損失が予想を上回ったスプリント・ネクステルは急落し、1株利益が予想を上回ったコノコフィリップスは原油価格が下落となったこともあり、軟調となりました。同様に予想を上回る決算となったプロクター・アンド・ギャンブルは小幅高、コムキャスト、ブロードコムは大幅高となりました。

本日の相場

日経平均

 昨日の日本市場は米国株高や円高一服となったことを好感、好調な決算発表にも素直に反応するものもあり、買い先行となりました。前場は値持ちも良かったのですが、後場に入ると持高調整の売りに押される中で、先物のまとまった売りに押される場面もあり、一時軟調となるなど冴えない展開となりました。円高一服とは言え、まだまだ円高水準であることや、業績好調といっても先行きに対する不安も根強く、最後まで買い切れないということのようです。

 米国市場はまちまちとなりましたが、金融緩和期待が後退、ドルが強含みとなっており、円安を好感する動きとなっています。円高局面にも関わらず好調な業績を発表しているものも多く、円高一服となればさらに慎重な見方をしている企業などの収益上振れ期待も強まるものと思います。円安が進むようであれば、ハイテク銘柄など輸出株が堅調となり、指数を押し上げる場面もありそうです。商品相場が上げ一服となったことから商社株などは戻りも一服となるのでしょうが、総じて堅調な展開が期待されます。

 日経平均は円安を好感する動きとなり、上値を試すことになるものと思われます。決算発表も好調なものが多く、9500円〜600円水準の節目を試す動きとなりそうです。円高一服となったことで、9200円〜300円水準での底堅さは確認されたものと思われ、強含みとなって来そうです。円安が進むようであれば今日にでも9500円水準を目指すことになりそうです。好決算が出揃い、円高が止まったと確認できるまでは9200円〜300円水準を下値、9500円〜600円水準を上値とするもみ合いが続くものと思います。

本日の注目点

◇9月の商業販売統計速報(経産省)

◇日銀政策委・金融政策決定会合

◇10月の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」(日銀)

◇白川日銀総裁会見

◇4−9月期:JT(2914)、信越化(4063)、テルモ(4543)、コニカミノル(4902)、ガイシ(5333)、コマツ(6301)、NEC(6701)、シャープ(6753)、TDK(6762)、アドテスト(6857)、京セラ(6971)、三菱自(7211)、リコー(7752)、任天堂(7974)、JR東日本(9020)、JR西日本(9021)、ヤマトHD(9064)、NTTドコモ(9432)、関西電(9503)、ソフトバンク(9984)

◇1−9月期:協和キリン(4151)

◇7年物米国債入札

◇海外7−9月期決算:エクソンモービル、モトローラ、マイクロソフト、スリーエム(3M)

◇ニュージーランド中央銀行が政策金利を発表

◇10月の独失業率

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集