コラム
» 2010年10月28日 08時00分 UPDATE

郷好文の“うふふ”マーケティング:プレミアムロールケーキはどのように作っているのか (1/3)

普段甘いモノを食べなくても「コンビニではスイーツを買う」という人もいるだろう。中でもローソンのプレミアムロールケーキはロングランで売れているという。そこでローソンの担当者に、開発の裏話などを聞いた。

[郷好文,Business Media 誠]

 深慮遠謀があってコンビニに出かけた。たまには相棒cherryさんのご機嫌をとろうと思って、スイーツを買いに。なぜコンビニかって? それは安くあげたかったし、試してみたかったモノがあったから。

郷:「どお?」

cherry:「くち溶けがいいクリーム。スポンジもしっとりしてる。おいしい!」

 スプーンですくって、2口、3口でも飽きがこない甘さ。コンビニ商品に2人で久々に感動した。

yd_go1.jpg ローソンのプレミアムロールケーキ(出典:ローソン)

 プレミアムロールケーキは、ローソンが1年前に発売した大ヒットスイーツ。ラインアップはチーズ、抹茶、キャラメルなどのほか、秋味として栗とサツマイモまで広がる(関連記事)

 ランチのお伴にも3時のおやつにもいい。ケーキ屋さんに出向かなくても、このレベルの味が全国津々浦々の9000店で、24時間いつでも買えるのは驚きだ。閉店前のデパ地下に急いで行き、帰宅電車内でもみくちゃにされるのを耐え忍ぶ必要もない。

 150円で奥さんを“買収”できるかもしれない――。こんなロールケーキがあっただろうか。さらにこのパッケージにはコンビニスイーツの革新の秘密が隠されている。それを探してくれたまえ。答えは最後にある。

yd_go2.jpg 2つのパッケージ、(商品名以外で)違いがどこにあるのか見つけてください
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集