調査リポート
» 2010年10月22日 12時13分 UPDATE

ネットバンキングを利用する理由、利用しない理由

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 24時間、自宅からでも情報照会や振り込みなどができるインターネットバンキング。どのくらいの人が利用しているのだろうか。

 楽天リサーチの調査によると、インターネットバンキングを利用したことがあるという人は67.0%。男女別では女性(61.0%)より男性(73.0%)の利用率が高く、年代別では30代(77.0%)の利用率が高かった。

 利用者に使っているサービスを聞くと、「残高・入出金明細などの預金口座の情報照会」(75.5%)、「他口座への振込・振替」(67.2%)、「インターネットショッピングやオークションの決済サービス」(48.8%)、「定期預金」(21.0%)、「totoや公営競技の購入」(14.9%)などの割合が高かった。

ah_netba1.jpg インターネットバンキング利用者の使っているサービス(出典:楽天リサーチ)

 利用者に「インターネットバンキングの長所」を尋ねると、トップは「24時間いつでも利用できる」で87.9%。以下、「利用手数料が安い」が45.8%、「インターネットショッピングやオークションの決済サービスとして利用しやすい」が39.1%、「預金金利が高い」が21.3%で続いた。金銭的なメリットより、利便性の高さをメリットとして挙げる人が多いようだ。

ah_netba2.jpg (インターネットバンキング利用者に聞いた)インターネットバンキングの長所(出典:楽天リサーチ)

 一方、利用していない人に「利用しない理由」を聞くと、トップは「セキュリティ対応が不安」で46.7%。以下、「操作が分かりにくい」が30.3%、「口座開設が面倒」が28.2%、「システム障害が不安」が21.8%、「ID・パスワードの管理が面倒」が20.3%で続いた。

 男女別に見ると、「操作が分かりにくい」の割合は男性(22.2%)より女性(35.9%)の方が高く、「口座開設が面倒」の割合は女性(25.6%)より男性(31.9%)の方が高かった。

 インターネットによる調査で対象は20〜69歳男女1000人(男性500人、女性500人)。調査期間は9月17日から19日。

ah_netba3.jpg インターネットバンキングを利用していない人の利用しない理由(出典:楽天リサーチ)
ah_maney.jpg

関連キーワード

ネット銀行 | 楽天リサーチ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -