調査リポート
» 2010年10月19日 12時24分 UPDATE

あなたは何人? 携帯アドレス帳の登録数、20代74.8人、30代以上51.6人

クルマ離れやビール離れなど、これまでの世代とは異なった価値観を持っていると言われる現代の20代。人付き合いに関しては、30代以上とどのように異なっているのだろうか。NTTアド調べ。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 子どものころから携帯電話やインターネットを使ってコミュニケーションしてきた20代。30代以上と比べて、他人との付き合い方に違いはあるのだろうか。

 NTTアドの調査によると、「携帯電話アドレス帳に登録している知り合いの人数」を尋ねたところ、20代は平均74.8人と、30代以上の51.6人を20人以上上回っていることが分かった。また、「普段よく会う知り合いの人数」は20代が12.2人で30代以上が7.9人、「普段よくメールや電話をする知り合いの人数」は20代が9.1人で30代以上が8.0人だった。

 NTTアドでは「いずれのカテゴリーでも20代の知り合いの人数が上回っており、コミュニケーションツールに関わらず、20代の人脈の広さがうかがえる」とコメントしている。

ah_ado1.jpg あなたは次のような「知り合い」が、それぞれ何人くらいいますか(平均人数、出典:NTTアド)

 交友関係についての質問をいくつかすると、20代、30代以上ともに「人と話をしていると、勉強になることが多い」「その場の雰囲気を壊さないようにしている」と答えた割合が高かった。また、20代では「相手の学歴や勤務先といった肩書きはあまり気にしない」「新しい人と出会うことは楽しい」、30代以上では「自分の価値観を押し付けないようにしている」「相手の負担になるようなことはしないようにしている」と答えた割合が高かった。

 20代と30代以上で傾向が異なった項目を見ると、「状況や相手に応じて、キャラクターを使い分けるようにしている」の割合は30代以上(14.7%)より20代(25.7%)の方が10ポイント以上高く、「メールやハガキ、手紙などをもらったら、早く返信するようにしている」は20代(31.3%)より30代以上(43.0%)の方が10ポイント以上高くなっていた。

 インターネットによる調査で、対象は首都圏在住の20代男女300人と30〜50代男女300人。調査期間は8月5日から7日。

ah_ado2.jpg 交友関係について、あなたの考えや行動にあてはまるものをすべてお答えください(出典:NTTアド)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集