ニュース
» 2010年10月13日 11時33分 UPDATE

年収300万円と1500万円の人、ストレスの原因に違い

ストレスを感じているのはどのような仕事をしている人が多いのだろうか。ストレスを感じている人に聞いたところ、「事務」関係の仕事に携わっている人が最も多いことが分かった。東京都調べ。

[土肥義則,Business Media 誠]

 普段、悩みやストレスを感じているのは、どのような仕事をしている人が多いのだろうか。悩みやストレスがあるという人(66.4%)に聞いたところ、「事務」(76.3%)関係の仕事をしている人が最も多いことが、東京都の調査で分かった。次いで「サービス」(74.1%)、「専門的・技術的」(72.6%)と続いた。一方、ストレスを感じている人が最も少なかったのは「農林漁業」(47.4%)だった。

yd_work1.jpg 悩みやストレスの状況(仕事の種類別、出典:東京都)

 またストレスの状況と飲酒量の関係で見てみると、1日の平均飲酒量が増加するにつれて、ストレスを感じている人が多い傾向がうかがえた。1日平均4合以上飲む人で「ストレスを感じることがよくある」と答えたのは36.6%と最も多かった。

ストレスの原因

 何が原因でストレスを感じているのだろうか。悩みの原因を聞いてみると「自分の仕事」(49.2%)と答えた人が最も多かった。次いで「収入・家計・借金など」(33.4%)、「家族以外との人間関係」(29.9%)と続いた。東京都が実施した2006年度の調査結果と比べると「家族以外との人間関係」は10.0ポイント、「家族との人間関係」は6.8ポイント、「自分の仕事」は5.5ポイントそれぞれ増加した。

yd_work2.jpg (出典:東京都)

 ストレスの原因と世帯年収の関係を見てみると、年収300万円未満の人は「収入・家計・借金」(41.1%)と答えた人が最も多く、次いで「自分の仕事」(34.9%)、「自分の病気や介護」(33.1%)と続いた。年収300万円以上の人は「自分の仕事」(49.3%〜63.6%)と答えた人が最も多かった。また年収1500万円以上の人を見ると、「自由にできる時間がない」(16.9%、平均13.6%)、「子どもの結婚」(6.0%、平均3.5%)を挙げる人が目立った。

 聞き取りによる調査で、20歳以上の7259人が回答した。調査期間は2009年10月14日から11月13日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集