ニュース
» 2010年10月08日 13時45分 UPDATE

シビックRSを彷彿させるサンセットオレンジの「フィットRS」――6速MTを搭載

本田技研工業は10月8日、フィットのマイナーチェンジを行い、フィットRSに6速MTモデルを追加した。価格は169万8000円。

[岡田大助,Business Media 誠]

 本田技研工業は10月8日、フィットのマイナーチェンジを行った。フィットRSも“ロードセイリング”の名に恥じないスポーティモデルに仕上げた。価格は169万8000円。

フィットRS フィットRS

 フィットRSは、1.5リットルi-VTECエンジンを搭載する新型フィット15Xをベースに、走行性能向上を図ったもの。フロントサイドフレームの左右をつなぐパフォーマンスロッドを追加しボディ剛性を高めたほか、ダンパーやスプリング、スタビライザーも専用セッティングを行っている。

フィットRSフィットRS 1.5リットルi-VTECエンジンを搭載。6速MTを初ラインアップ

 また、ショートストロークの6速MTを採用したモデルを初ラインアップ。一方、CVTモデルにはパドルシフトを標準装備とした。このほか16インチアルミホイール(タイヤサイズは185/55R16)やフロントエアロバンパー、リアエアロバンパー、テールゲートスポイラーなどを装備。インテリアは、ブラック×オレンジの1種類。

フィットRSフィットRS リアエアロバンパーとテールゲートスポイラー

 エンジンの最高出力は88キロワット(120馬力)/6600rpm、最大トルクは145ニュートンメートル/4800rpmで、駆動方式はFF。燃費(JC08モード)は、ガソリン1リットル当たり16.2キロ(6速MT)と18.4キロ(CVT)だ。

 ボディサイズは3915×1695×1525ミリ(全長×全幅×全高)で、車両重量は6速MTモデルが1060キロ、CVTモデルが1080キロ。ボディカラーには、1974年に初めてRSを冠したシビック1200RS(参照リンク、動画)の専用色だった「サンセットオレンジ」を現代風にアレンジしたサンセットオレンジIIを含む6色を用意する。

関連キーワード

本田技研工業 | 自動車 | シビック


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集