ニュース
» 2010年10月05日 16時18分 UPDATE

SHIORIさん特製のおでん×サッポロ 冬物語はいかが?

サッポロビールは10月13日に、「サッポロ 冬物語」を発売すると発表した。またフードコーディネーターSHIORIさんと共同で「中華おでん」を開発した。

[土肥義則,Business Media 誠]
yd_sapporo1.jpg サッポロ 冬物語

 サッポロビールは10月13日に、「サッポロ 冬物語」を発売すると発表した。今年の冬物語は日本で初めて炭焼き麦芽を使っているほか、オールインフュージョン製法を採用。「ビールというのは麦芽を煮る必要があるが、冬物語では麦芽のうま味を引き出すために温度を段階的に上げていくことにした。この製法により、コクがあるのにのどごしのいいビールができた」(サッポロブランド戦略部・林直樹部長)という。

 350ミリリットル入りと500ミリリットル入りの2種類を扱い、年内に20万ケースの販売を計画している。想定価格は350ミリリットルが240円前後、500ミリリットルが300円前後。

 冬物語を最初に発売したのは1988年※。「当時、ビールというのは夏のモノというイメージが強かった。しかし冬には冬のビールがあってもいいのでは、ということで商品を開発した」(林部長)。冬季限定の“ロングセラー商品”でもあるが、昨年は販売を休止。しかし同社が行った調査によると、消費者の91.7%が「今年は冬物語を発売してほしい」と回答した。こうした声を受け、2010年版の冬物語を発売するに至った。

※記事公開当初、「冬物語を最初に発売したのは1998年」と記載しておりました。正しくは1988年です。訂正いたします。


SHIORIさん特製の「中華風おでん」

 またサッポロビールは、冬の定番鍋である「おでん」に注目。累計250万部を突破した『彼ごはん』シリーズの著者でもあるフードコーディネーターのSHIORI(しおり)さんと共同で、冬物語に合うおでんレシピを考案した。

yd_sapporo3.jpgyd_sapporo4.jpg 2010年サッポロビールイメージガールの中村果生莉(かおり)さん(左)とフードコーディネーターのSHIORIさん(右)

 SHIORIさんが生み出したのは「中華風おでん」。鶏がらだしで煮込み、食べるラー油とお酢でいただくというもの。SHIORIさんは「おでんといえば茶色のイメージが強いが、チンゲンサイとプチトマトを加えることで彩り楽しいおでんに仕上げた」と話した。

yd_sapporo2.jpg お好みで酢、食べるラー油をかけて食べる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集