ニュース
» 2010年09月28日 18時17分 UPDATE

よく眠れている人と仕事に満足している人の関係 (1/2)

あなたの睡眠に、最も悪影響を与えている要因は何ですか? 30〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ「仕事の悩みやストレス」と答えた人が最も多いことが分かった。味の素調べ。

[土肥義則,Business Media 誠]

 あなたの睡眠に、最も悪影響を与えている要因は何ですか? 30〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ「仕事の悩みやストレス」(25.3%)と答えた人が最も多いことが、味の素の調査で分かった。次いで「趣味など、夜更かしをすること」(13.9%)、「プライベートの生活の悩みやストレス」(12.0%)、「仕事(残業を含む)の時間が長いこと」(10.8%)と、長時間労働や仕事の悩みによって睡眠に悪影響が出ている現状がうかがえた。

yd_sleep.jpg あなたの睡眠に、最も悪影響を与えている要因は何ですか? (出典:味の素)

 睡眠と仕事の満足度に何らかの関係はあるのだろうか。「仕事に満足している」という人は30.3%にとどまったが、「睡眠に満足している」と答えたビジネスパーソンのうち、「仕事にも満足している」人は57.7%と約2倍となった。「一昔前までは、バリバリ働くビジネスパーソンは満足のいく睡眠はとれなくて当たり前というイメージがあったが、今では満足度が高く、バリバリ働いている人はきちんと睡眠を確保できていると言えそうだ」(味の素)

yd_sleep2.jpg (出典:味の素)

 その反面、睡眠に不満を持っている人は、仕事にも不満を持つ傾向がうかがえた。「睡眠に不満を持ち、仕事に不満な人」を年代別に見てみると、50代が41.9%で最も多く、次いで40代が32.6%、30代が25.6%だった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集