ニュース
» 2010年09月24日 10時07分 UPDATE

“新聞離れ”が加速? 20代の52.7%は「読んでいない」 (1/2)

普段、新聞を読んでいる人はどのくらいいるのだろうか。16歳以上の男女に聞いたところ、75.8%の人は「読んでいる」と答えたが、2006年度に行った調査結果と比べると、4ポイント減少した。文化庁調べ。

[土肥義則,Business Media 誠]

 あなたは普段、新聞をどのくらい読んでいますか? 16歳以上の男女に聞いたところ、75.8%の人は「読んでいる(よく読む+時々読む)」と答えていることが、文化庁の調査で分かった。2006年度に行った調査結果と比べると、「読んでいる」の回答は4ポイント減少した。

 年代別に見てみると、どのような違いがあるのだろうか。「読んでいない(あまり読まない+全く読まない)」と答えた人は16〜19歳(57.1%)と20代(52.7%)で5割を超えていたが、60歳以上(14.9%)では2割を切った。また60歳以上を除くすべての年代で「読んでいる」と答えた人が減少し、逆に「読んでいない」が増加。中でも30代では「全く読んでいない」が10ポイントも増加するなど、“新聞離れ”が進んでいることが明らかに。

yd_news1.jpg 新聞を読んでいる、読んでいない人の割合(出典:文化庁)

雑誌を読んでいる人も減少傾向

 雑誌を読んでいる人はどのくらいいるのだろうか。「読んでいる(よく読む+時々読む)は40.6%に対し、「読んでいない(あまり読まない+全く読まない)」は59.4%。2006年度に行った調査結果と比べると、「読んでいる」の回答は3ポイント減少した。

 すべての年代で「読んでいる」の回答が減少する一方、「読んでいない」が増加。「読んでいる」の割合は20代(56.8%)が最も高いが、前回調査と比べ8.4ポイント減少した。

yd_news2.jpg 雑誌を読んでいる、読んでいない人の割合(出典:文化庁)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集