ニュース
» 2010年09月24日 08時00分 UPDATE

禁煙に挑戦意欲が高いのは沖縄県民、逆に低いのは?

あなたはタバコ増税を機に禁煙しますか? 禁煙者に聞いたところ、53.3%の人が「禁煙に挑戦する」と回答していることが分かった。ファイザー調べ。

[Business Media 誠]

 10月1日からのタバコ増税を機に、禁煙を考えている人はどのくらいいるのだろうか。喫煙者に聞いたところ、53.3%の人が「禁煙に挑戦する」と答えていることが、ファイザーの調査で分かった。ちなみに同社が2年前に行った調査で「禁煙に挑戦したいと思う」と答えた人は43.1%と半数以下。増税という背景もあり、この2年間で禁煙に挑戦したい人は10.2ポイントも上昇した。

yd_tabaco.jpg (出典:ファイザー)

 都道府県別に見てみると、最も禁煙意向が高かったのは「沖縄県」の人で63.5%、次いで「福島県」(62.0%)、「佐賀県」(62.0%)と続いた。逆に、最も禁煙意向が低かったのは「奈良県」(45.0%)の人だった。

禁煙成功に自信がある人

 どのような方法で禁煙をしようと考えているのだろうか。禁煙に挑戦する人に、具体的な方法を聞いたところ「自分の意志のみ」(59.8%)と答えた人が最も多く、次いで「薬局で買える禁煙補助剤を使う」(11.9%)という結果に。また、禁煙に成功する自信はありますかと聞いたところ「はい」と答えたのは52.5%だった。

 「禁煙に成功する自信がある」と答えた人を都道府県別に見てみると、「宮城県」(61.5%)の人が最も多かった。次いで「三重県」(60.6%)、「京都府」59.8%)という結果に。一方、最も禁煙に成功する自信が低かったのは「徳島県」(35.6%)の人だった。

yd_tabaco2.jpg (出典:ファイザー)

 インターネットによる調査で、全国の喫煙者9400人が回答した。調査期間は8月13日から9月9日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集