連載
» 2010年09月21日 08時00分 UPDATE

-コデラ的-Slow-Life-:開けてびっくりVITO CLR、砂浜に沈没?

分解してみると嫌な予感がする。白い砂粒のようなものが入っているのだ。シャッタースピードがおかしなことになっているのは、おそらくひげゼンマイのパワーが落ちているのだろう。

[小寺信良,Business Media 誠]

 シャッタースピードがおかしなことになっているVoigtlaenderのVITO CLR。とりあえずシャッター機構まで前のほうから開けてみる。単純にネジを外していくだけなので、分解は簡単である。量産の都合も考えて、簡単な構造になっているようだ。

 嫌な予感がするのは、中に白い砂粒のようなものが入っていることだ。もしかしたら前の使用者が、砂浜で落っことしたとかしたのかもしれない。

 シャッター機構は複雑に組み合わされた脳みそのような見た目だが、実は3つのユニットに分かれている。シャッターの開閉機構、スピード調整機構、セルフタイマー機構である。シャッタースピードがおかしいのは、スピード調整機構ユニットがちゃんと機能していないからと当たりを付けて、それを外してみる。

コデラ的-Slow-Life シャッター機構は全体が複雑に絡み合っているように見えるが……
コデラ的-Slow-Life 実はブロックごとに分かれている

 指で動かしてみると、動作は問題ないように見えるが、速度はかなり緩慢だ。ひげゼンマイの戻る力で動いているわけだが、どうもその力が弱いのか、それともギアが油切れなのか。

 とりあえずユニット全体をベンジンに浸けて洗浄してみた。動作はあまり変わったように見えない。油がすっかり抜けてしまったので、改めて注油しておく。使用した油は、昔オーディオのターンテーブル用に売られていたものだ。かなり高かったのだが、結局大して使うこともなく現在はカメラ修理用品としての余生を送っているわけである。

 これはおそらく、ひげゼンマイのパワーが落ちているのではないか。ユニットを分解して、ひげゼンマイをもう少し強く巻き込んだ状態でギヤのかみ合わせを修正してみる。これで多少はパワーが戻っているはずである。

コデラ的-Slow-Life 分解してやや強めにゼンマイを巻いてみる

 シャッタースピード調整リングをはめ込んで様子を見る。1/500秒はスピード調整機構をバイパスして全力で戻るわけだが、それ以降は徐々にギヤを内側に組み入れて、スピードを落とすという機構である。これが1/30秒まで段階的に続き、1/15秒だけはまったく別の機構を使ってスピードを落としているという設計だった。

 各スピードでシャッターを切ってみると、以前よりは速くなったような気がするが、1/60秒、1/30秒あたりはかなり怪しい。ここはスピード調整機構に対して最大限に抵抗がかかる部分である。ひげゼンマイのパワーの劣化で、ちゃんとしたスピードには戻らないようだ。まああんまり遅いスピードでは撮れないカメラということにして、このあたりで「勇気ある撤退」である。

連動露出計の仕掛け

 絞りとシャッタースピードに連動する露出計の赤い針の仕組みが知りたかったので、軍艦部も開けてみることにした。こちらもネジ3本外すだけで、簡単である。

コデラ的-Slow-Life 内部はかなりスカスカ

 露出計は、透明のプラスチックカバーに覆われている。50年近く経過しているにしては傷もなくかなり綺麗だ。ただ接着するでもネジで止めるでもなく、たんにはまっているだけだった。元々密閉されていないのだが、今後ずれることも考えられるので、ボンドで軽く止めておく。

コデラ的-Slow-Life ポイントは鳥の頭のようなパーツ

 連動の秘密は、鳥の頭のような形をしたパーツだった。絞りリングを回すとこの鳥の頭が前後に回って、丁度鼻の頭に載せているレバーを動かす。これが赤い針につながっていて、動かしている。シャッタースピードのリングを回すと、この鳥頭にオフセットがかかる。つまり回転のスタート位置が変わってくる。それで2つのパラメータを調整しているというわけだった。

 仕組みは分かったが、露出計の白い針がセンターよりも向こう側に振れないようだ。よく観察すると、針が下向きに曲がっていて、露出計の底面にぶつかっている。

 ピンセットを使って針をまっすぐに伸ばすと、無事動くようになった。ちなみに軍艦部の内部も、白い砂粒が入り込んでいる。やはり砂浜で落とすか何かしたものらしい。こちらも内部を綺麗にクリーニングしておいた。まあこれでもある程度は動いていたわけだから、丈夫といえば丈夫である。

小寺 信良

photo

映像系エンジニア/アナリスト。テレビ番組の編集者としてバラエティ、報道、コマーシャルなどを手がけたのち、CGアーティストとして独立。そのユニークな文章と鋭いツッコミが人気を博し、さまざまな媒体で執筆活動を行っている。最新著作はITmedia +D LifeStyleでのコラムをまとめた「メディア進化社会」(洋泉社 amazonで購入)。


関連キーワード

-コデラ的-Slow-Life- | 小寺信良


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集