レビュー
» 2010年09月17日 19時00分 UPDATE

OCEANUS Manta長期使用レポート:OCEANUSの青はビジネススーツに映える青だ

カシオのフルメタル電波ソーラークロノグラフ「OCEANUS Manta」の使用レポート第2回。今回は、ビジネスパーソンの戦闘服であるスーツとの相性を探る。

[加藤宗肖,Business Media 誠]
OCEANUS Manta

 「ビジネスシーンでは派手だろう」。これがOCEANUS Manta(オシアナス マンタ、型番:OCW-S1400 1AJF、13万6500円)の第一印象だった。

→長期使用レポート第1回「海の匂いがするクロノグラフ『OCEANUS Manta』

 筆者にとって、腕時計のイメージは「派手」「重い」「メンテナンスが大変」であり、この先入観はオシアナスでも同じだった。しかし、いざ身に着けてみると、それは間違いだと気付く。


ビジネスファッションと高相性の“青”

 オシアナス マンタの重量は約90グラム。チタン製ケースの厚さ約10.9ミリで、着け続けていても腕が重くなることはない。デスクワーク中に腕時計を外す人もいるが、これならば着けたままでも普段と同じ感覚で作業ができる。

 文字盤のブルーは、腕時計単体として見れば派手な印象を受ける。しかし、腕に着けた状態では嫌味な感じはない。スーツやワイシャツと合わせれば、キリリとした雰囲気すら醸し出す。特に、紺色のスーツと相性がよく、スーツ地と文字盤のブルーがグラデーションとなり映える。

 執務室内でデスクワークをするときにはジャケットを脱ぎ、ワイシャツ姿になることもあるだろう。47.2×42.4ミリというケースサイズのオシアナスは、袖口でも主張し過ぎず、それでいて盤面の視認性は高い。

OCEANUS

ビジネスシーンでの戦闘力

 ビジネスシーンにおいて、オシアナスは“使える”時計だ。これには、筆者を含めアイティメディア男性社員の多くが口を揃える。

 まず、電波ソーラー腕時計であるということ。特に営業社員に好評な機能だ。いかなるときも正確に時を刻み続けており※、時計のズレを理由に待ち合わせや会議に遅れることはできない。ソーラー充電システム「タフソーラー」により、日常使いの中で充電され、バッテリー切れの心配もほとんどない。

※ 標準電波の自動受信は1日最大6回で手動受信も可能。電波が受信できない環境では月差±15秒以内で動作する

 汗や汚れに強いチタン製のケースやバンドの着け心地も好評だ。外回りが多い営業スタッフは、特に夏場は腕時計周りに汗をかき不快な思いをする。

OCEANUS

 実際にオシアナスのユーザーである営業社員のI氏は「日本発の高度なギミックのかたまりである、オシアナスのような最先端ガジェットを身に着けることの楽しみ」を挙げる。同じく、ユーザーの編集部員N氏は「オシアナスは身に着けていることを忘れてしまう。妻に怒られたが、オシアナスを外すことはあり得ないだろう」という。

 どうやらオシアナスはオンタイムだけでなく、オフタイムでも“使える”腕時計のようだ。次回は、カジュアルシーンでの使い勝手に注目してみよう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集