調査リポート
» 2010年09月17日 11時52分 UPDATE

ブランドの成長力、日本トップは「東京ディズニーランド」

電通ヤング・アンド・ルビカムは、「ブランド成長力ランキング2010」を発表、日本での企業・製品ブランドの成長力トップは「東京ディズニーランド」であることが分かった。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 電通ヤング・アンド・ルビカムは9月9日、「ブランド成長力ランキング2010」を発表、日本での企業・製品ブランドの成長力トップは「東京ディズニーランド」であることが分かった。

 この調査は日本の18〜69歳の男女2644人を対象に、1320ブランドについて56項目からなる質問に回答してもらい、ブランドの革新性、差別性、創造性、個性、顧客にとっての重要度などの評価をもとに「ブランドの成長力」を得点化したもの。

 2位以下は、2位「東京ディズニーシー」、3位「スタジオジブリ」、4位「ディズニー」、5位「iPod」、6位「Wii Fit」、7位「Wii」、8位「イケア」、9位「ユニクロ」、10位「ユニバーサル・スタジオ」が続いた。上位25位のブランドで、2007年と比べて最もスコアが伸びた割合が大きかったのは「イケア」で88%増、最も減少した割合が大きかったのは「東急ハンズ」で23%減だった。

ah_buran1.jpg ブランド成長力ランキング2010(出典:電通ヤング・アンド・ルビカム)

 主要国で2008〜2010年に実施されたブランド成長力ランキングのトップを見ると、米国は「ピクサー」、英国は「Wii」、イタリアは「イケア」、ドイツは「グーグル」、フランスは「イケア」、中国は「CCTV(テレビ局)」だった。トップ10を見ると、英国やドイツなどではほとんどがグローバルブランドだが、中国はローカルブランドの強さが目立っている。

ah_buran2.jpg 主要国におけるブランド成長力ランキング(2008〜2010年実施、出典:電通ヤング・アンド・ルビカム)

関連キーワード

ブランド戦略 | ランキング


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -