ニュース
» 2010年09月16日 11時00分 UPDATE

面白くなければ返金します! 「TSUTAYA発掘良品」第2弾は1977年のSFサスペンス

TSUTAYAは、1960年代から1990年代の「知る人ぞ知る面白い作品」をお勧めする「TSUTAYA発掘良品」第2弾を9月17日に開始する。新たに22作品を追加する。

[岡田大助,Business Media 誠]
TSUTAYA発掘良品 TSUTAYA発掘良品(出典:カルチュア・コンビニエンス・クラブ)

 レンタルビデオのTSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブは、1960年代から1990年代までに公開された映画の中から「知る人ぞ知る面白い作品」をお勧めする「TSUTAYA発掘良品」第2弾を9月17日に開始する。新たに22作品を追加し、第1弾とあわせて44作品をオススメ!

 7月26日に開始したTSUTAYA発掘良品第1弾では、1974年公開のサスペンスアクション「ジャガーノート」をプッシュ。この作品は「赤のコードを切るか、青のコードを切るか」といった爆弾解除でおなじみの演出を初めて使ったといわれる。TSUTAYAの週間映像レンタルランキングで、タランティーノの「イングロリアス・バスターズ」などを押さえ1位を獲得した。

 第2弾では、1977年公開のSFサスペンス「カプリコン・1」を対象に、面白くなかったら返金するキャンペーンを実施する。人類初の有人火星探査宇宙船カプリコン1号をめぐる謀略とそれを暴こうとする新聞記者。当初協力的だったNASAがストーリーを知って態度を硬化させたという逸話も残る作品だ。

 また、TSUTAYA発掘良品の全44作品を対象にユーザーレビューキャンペーンも行う。9月17日から10月14日までの期間中、レビューを投稿したユーザーにTポイントを5ポイント、最優秀賞(1人)には1000ポイントをプレゼントする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -