ニュース
» 2010年09月16日 08時00分 UPDATE

高速道路のSA・PAで、無性に食べたくなるモノは?

クルマを運転するドライバーは、どのようなB級ご当地グルメを食べているのだろうか。月1回以上クルマを運転している人に聞いたところ「富士宮やきそば」を挙げた人が最も多かった。ソニー損保調べ。

[Business Media 誠]

 高速道路のSA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)で、無性に食べたくなるモノは何ですか? 高速道路を年1回以上利用する人(703人)に聞いたところ、「ソフトクリーム」(67.3%)と答えた人が最も多いことが、ソニー損保の調査で分かった。次いで「ラーメン」(26.6%)、「フランクフルト」(26.0%)、「たこ焼き」(24.8%)、「串焼き」(22.9%)、「アメリカンドック」(22.8%)と続いた。

yd_road.jpg 高速道路のSA・PAで無性に食べたくなるもの(出典:ソニー損保)

 また、オススメのSA・PAの食べ物を自由回答で聞いたところ、海老名SA(東名高速道路)の「メロンパン」や、佐野SA(東北自動車道)の「ラーメン」、横川SA(上信越自動車道)の「釜めし」といった声が多かった。そのほか、三芳PA(関越自動車道)の「いも恋」、浜名湖SA(東名高速道路)の「アイスコルネット」、西紀SA(舞鶴若狭自動車道)の「黒豆パン」などが挙げられた。

これまでに食べたことがあるB級ご当地グルメ

 これまでに食べたことがあるB級ご当地グルメは何ですか? 月に1回以上クルマを運転する人(1000人)に聞いたところ「富士宮やきそば(静岡県富士宮市)」(28.0%)と答えた人が最も多かった。以下「あかし玉子焼(兵庫県明石市)」(15.1%)、「静岡おでん(静岡県静岡市)」(12.8%)という結果に。

yd_road2.jpg これまでに食べたことがあるB級ご当地グルメ(出典:ソニー損保)

 居住地別で見ると、北海道・東北地方のトップは「横手やきそば(秋田県横手市)」、関東地方と中部地方は「富士宮やきそば(静岡県富士宮市)」、近畿地方は「あかし玉子焼(兵庫県明石市)」、中国・四国地方は「津山ホルモンうどん(岡山県津山市)」、九州・沖縄地方では「小浜ちゃんぽん(長崎県雲仙市)」だった。

 インターネットによる調査で、月に1回以上クルマを運転する1000人が回答した。調査期間は8月27日から8月30日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集