ニュース
» 2010年09月09日 12時43分 UPDATE

彼女との距離は何センチ? 夏と冬で違い

異性を恋愛対象として意識するようになるのは、何月が多いのだろうか。10〜50代の男女に聞いたところ「12月」と答えた人が最も多く、次いで「8月」「2月」という結果に。ユニリーバ・ジャパン調べ。

[Business Media 誠]

 異性を恋愛対象として意識するようになるのは、何月が多いですか? 10〜50代の男女に聞いたところ、「12月」(男性20.6%、女性23.3%)と答えた人が最も多いことが、ユニリーバ・ジャパンの調査で分かった。次いで「8月」(男性14.2%、女性15.1%)、「2月」(男性11.8%、女性13.2%)と続いた。

 また恋愛対象として意識している人にアピールするために近づいたりくっついたりする距離は、何センチですか? と聞いたところ、夏の平均が男性59.9センチ、女性49.6センチ、冬の平均が男性53.2センチ、女性43.8センチ。冬には気になる彼女との距離が6.7センチ、彼との距離が5.8センチ縮まるという結果になった。

冬でも他人のニオイには敏感

 冬に他人のニオイが気になったことがある人はどのくらいいるのだろうか。この質問に対し、男性の62.9%、女性の71.2%は「気になったことがある」と回答。またどのようなシチュエーションでニオイが気になったのかを聞いたところ「満員電車の中」(男性46.6%、女性52.9%)と答えた人が最も多かった。男性の2位は「会議など複数人が集まるとき」(27.8%)、3位「ブーツ・靴を脱いだとき」(25.2%)と続いた。一方の女性は「ブーツ・靴を脱いだとき」(38.0%)、「会議など複数人で集まるとき」(27.3%)という結果に。

 男女とも満員電車の中のニオイが、くさいイメージの強いブーツ・靴のニオイを男性21.4ポイント、女性14.9ポイント上回った。

 インターネットによる調査で、10〜50代の男女1030人が回答した。調査期間は8月7日から8月8日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集