調査リポート
» 2010年09月02日 12時46分 UPDATE

パパも後押しする? 中学受験生にしてあげること

特に首都圏では多くの小学生が経験する中学受験。子どもが中学受験をする予定の家庭では、進学塾や通信教育と並んで、両親が勉強を教えている割合も高いようだ。アメリカンホーム保険会社調べ。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 首都圏では小学生の17.7%(2008年度)が経験する中学受験(参照リンク)。ある程度自立した大学受験生とは違って、親の支えも重要となるが、父親は中学受験生とどのように関わっているのだろうか。

 アメリカンホーム保険会社の調査によると、小学生の子どもを持ち、中学受験を応援している(応援する予定の)20〜50代男性のうち16.4%は、「勉強している子どものために飲み物や夜食などを作ったことがある」ことが分かった。どんな飲み物や夜食を作ったかを聞くと、最も多かったのは「おにぎり」で19.5%。以下、「ココア」が11.6%、「ラーメン」が8.5%、「うどん」が6.7%で続いた。

ah_zyuken1.jpg 勉強している子どものために作った飲み物や夜食(出典:アメリカンホーム保険会社)

 中学受験をするとなると、小学校の勉強だけでは足りなくなるもの。「子どもが行っている小学校以外の勉強方法」を尋ねると、「進学塾」が45.6%でトップ。以下、「通信教育」(31.5%)、「配偶者が教えている」(30.2%)、「自分が教えている」(26.5%)がほぼ同率で並んだ。進学塾や通信教育と並んで、家庭内で教育を行っている人が多いようだ。

 しかし、子どもの学年別に見ると、上の学年になるほど「進学塾」の割合が高くなっている(3年生28.8%、4年生34.0%、5年生50.3%、6年生55.0%)。

ah_zyuken2.jpg 子どもが行っている小学校以外の勉強方法(出典:アメリカンホーム保険会社)

 遊びたい年頃の小学生にとっては、勉強ばかりの時間が続いては気が詰まるもの。「子どもが勉強の息抜きにしていること」を聞くと、最も多かったのは「テレビを見る」で67.1%。以下、「テレビゲームをする」(53.0%)、「マンガを読む」が44.7%、「携帯型ゲームをする」が44.4%、「運動をする」が42.9%、「本を読む」が38.1%で続いた。

 ちなみに、「テレビゲームをする」や「携帯型ゲームをする」と答えた人に、子どもが最もはまっているゲームを聞くと、「スーパーマリオシリーズ」(16.4%)や「ポケットモンスターシリーズ」(11.7%)が人気だった。

 インターネットによる調査で、対象は小学生の子どもを持ち、中学受験を応援している(もしくは応援する予定のある)20〜50代の男性1000人。調査期間は7月28日から8月1日。

ah_zyuken3.jpg 子どもが勉強の息抜きにしていること(出典:アメリカンホーム保険会社)

関連キーワード

学習 | 子供 | 受験生


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集