ニュース
» 2010年09月01日 19時18分 UPDATE

ダイハツ、バイオエタノール水とガソリンを使用する2燃料自動車を開発

[栗田昌宜,Business Media 誠]

 ダイハツ工業は8月30日、バイオエタノール水とガソリンの2系統の燃料を使用する2燃料自動車(DFV)を開発、秋田県へ試験車両として提供すると発表した。秋田県は同車両を利用して今年秋から実証試験を行う予定。

 DFVの主要技術はダイハツと豊田中央研究所が共同開発したもの。バイオエタノール水は燃焼時に発生するCO2が少ないという長所があるが、燃焼室内の潤滑性が低下するといった欠点があった。このため今回開発したDFVでは、ガソリン燃焼時に発生する熱を利用してバイオエタノール水を温度調整できるようにしたほか、可変バルブタイミング機構(VVT)で吸気流を最適化するなどして潤滑性が低下しないようにしている。

 なおダイハツでは、ガソリンにバイオエタノール水を10%混合した「E10」燃料への対応試験も進めており、秋田県で行われる実証試験では、同社提供のDFV1台とE10対応試験車両2台が使用される予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集