コラム
» 2010年08月31日 08時00分 UPDATE

コンビニ、ヒット商品の理由:Fit'sと共通点!? なぜStrideは在庫が切れるほど売れたのか (1/2)

2009年度に「Fit's」が大ヒットした反動で、2010年度には苦戦を強いられていたコンビニのガムカテゴリー。そこで登場して、在庫がなくなるほどのヒットを記録したのが「Stride」だ。筆者は、Fit'sとStrideのヒットには共通点があると主張する。

[笠井清志,Business Media 誠]

「コンビニ、ヒット商品の理由」とは?:

限られた売り場を最大限に活用して、面積当たりの売り上げを高めているコンビニ。約100種類の新商品が毎週発売されているが、売れない商品は発売から2週間ほどで撤去されてしまう。厳しい審判をくぐり抜け、コンビニでヒットしているのはどんな商品なのか。一般には「おいしい商品」「お得な商品」「テレビCMが放映されている商品」が売れると思われがちだが、実は重要なのは「店頭展開」。このコラムでは、コンビニのヒット商品を展開方法の観点から分析していく。


 5月10日にキャドバリー・ジャパンが発売したガム「Stride」。ガムの平均販売価格112円(6月末時点)を上回る130円という価格設定ながら、メーカー欠品を引き起こし、店頭在庫がなくなる事態にまで発展したヒット商品である(現在、FOREVER FRUIT味は販売中止。ENDLESS MINT味は販路をコンビニに限定)。

ah_sutora1.jpg Stride(ENDLESS MINT味)

 2010年度に入り、コンビニのガムカテゴリーは苦戦を強いられていた。2009年度にロッテが発売した「Fit's」(価格130円)が大ヒットした反動で、売り上げは前年比10%減近くにまで落ち込んでいた。そこで登場したのがFit'sと同じ130円のガム、Strideだ。ガムカテゴリーの平均販売価格は112円ということもあり、130円台でのヒット商品が出たことで、ガムカテゴリー全体の売り上げが大きく伸びることとなった。

Fit'sとStrideの共通点

 Fit'sとStrideという2つのヒット商品には、共通した傾向が見られる。

1.両商品とも、テレビCMを大量投下し、人気タレントを起用した(Fit'sは佐々木希さん、Strideは成宮寛貴さん)

2.パッケージ形態を主流のスティックタイプから変更し、過去の傾向からすると非主流派だったカードタイプにした点(キスミントなどと同様の形)

3.価格を130円と設定した点

※これまでのガムカテゴリーの売れ筋商品(参考):「クロレッツ」(120円、スティックタイプ)、「キシリトール」(120円、スティックタイプ)、「ACUO」(120円、スティックタイプ)、「キシリッシュ」(100円、スティックタイプ)。
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -