調査リポート
» 2010年08月30日 13時22分 UPDATE

家庭菜園で育てる野菜1位はミニトマト、ゴーヤー人気も高まる

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 植物を育てる楽しみだけでなく、できた野菜や果物を食べる楽しみもある家庭菜園。

 アイリスオーヤマの調査によると、情報サイト「アイリス家庭菜園ドットコム」会員に「過去1年間に野菜を栽培した場所」を尋ねたところ、最も多かったのは「家の庭」で61.5%。以下、「ベランダ」が41.0%、「畑」が11.8%、「室内」が10.2%、「貸し農園」が7.3%で続いた。

 場所別の菜園歴を見ると、「ベランダ」や「室内」で育てている人は菜園歴が短く、「畑」や「貸し農園」で育てている人は菜園歴が長い傾向にあった。

ah_katei1.jpg 過去1年間に野菜を栽培した場所(出典:アイリスオーヤマ)

 どんな野菜を育てているのだろうか。「過去1年間に栽培したことがある野菜」を聞くと、トップは「ミニトマト」。以下、「キュウリ」「ネギ」「ナス」「シソ」「ピーマン」と続いた。昨年調査と比較すると、上位にそれほど変化はないが、12位だった「ゴーヤー」が9位にランクアップ。

 アイリスオーヤマでは「グリーンカーテンとなるだけでなく、近年、沖縄料理ブームの影響で、ゴーヤーを使った料理が一般家庭でも楽しめるようになっていることが影響しているようだ」とコメントしている。

 インターネットによる調査で、対象はガーデニング情報サイト「アイリス家庭菜園ドットコム」会員1879人。調査期間は7月1日から8月1日。

ah_katei2.jpg 過去1年間に栽培したことがある野菜(出典:アイリスオーヤマ)

関連キーワード

野菜


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集