調査リポート
» 2010年08月26日 12時46分 UPDATE

情報収集が苦手な人の、メディア接触の実態 (1/2)

情報が多すぎて、処理できないと感じることがありますか? 20〜49歳の男女に聞いたところ、年齢が若くなるほど「情報が多すぎて、処理できない」という人が多いことが分かった。M1・F1総研調べ。

[土肥義則,Business Media 誠]

 「情報が多すぎて、処理できない」と感じることがある人はどのくらいいるのだろうか。20〜49歳の男女に聞いたところ、年齢が若くなるほど「情報が多すぎて、処理できない」という人が多くなることが、M1・F1総研の調査で分かった。また「情報収集が非常に苦手」という人も、若くなるにつれ増加傾向にあることがうかがえた。

 情報収集が非常に苦手という人で「情報収集に時間をかけたくない」と答えた人は83.2%。一方、苦手でない人は同46.0%。また苦手な人の9割以上は「効率的に情報収集したい」と答えた。

yd_media3.jpg (出典:M1・F1総研)

PCでニュースサイトを見る割合

 PCでニュースサイトを毎日見るという人はどのくらいいるのだろうか。情報収集が苦手という人は30.7%に対し、苦手でない人は57.4%。またインターネットを利用する目的として「ニュース収集」「生活情報収集」「趣味情報収集」を挙げる割合を見ても、いずれも情報収集が苦手という人が低いという結果に。

 さらに新聞を毎日読む人の割合を見ると、情報収集が苦手という人は34.7%。一方、苦手ではない人は同40.6%だった。

yd_media2.jpg (出典:M1・F1総研)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集