連載
» 2010年08月20日 08時00分 UPDATE

上杉隆の「ここまでしゃべっていいですか」(5):主要メディアが、官房機密費問題を報じないワケ (1/3)

野中広務氏が明らかにした「官房機密費」問題が、政界とメディアを揺さぶっている。野中氏は政治評論家にもカネを配っていたことを暴露したが、主要メディアはこの問題を取り上げようとしなかった。その理由は……。

[土肥義則,Business Media 誠]

 小渕内閣で官房長官を務めた野中広務氏が明らかにした「官房機密費」問題が、政界とメディアを揺さぶっている。野中氏は「(官房機密費を)毎月5000万円〜7000万円くらいは使っていた」ことを明らかに。さらに政治評論家にも配っていたことを暴露した。しかし、なぜか新聞やテレビはこの問題を取り上げようとしなかった。その理由は……?

普通の関係を超えている

yd_aiba.jpg 作家・経済ジャーナリストの相場英雄氏

相場:ボクは東北によく取材に行くのですが、自民党候補の若い政治家のポスターに政治評論家の三宅さんが一緒に写っているんですよ。またそのポスターの数がものすごく多い。

窪田:ボクもそのポスターは見たことがありますよ。

相場:あの感覚って、分からないですよね。

窪田:三宅さんは、勢力的にいろいろな政治家と一緒に写っていますよ。

相場:そして三宅さんと政治家の懇親会があったりする。しかしそれって、ものすごく不自然。

 ボクは経済部の記者を長くやっていましたが、「○○企業とはソリが合わない」と思うことはよくありました。記者といっても人間なので、それは仕方がないこと。もちろん先方も「○○新聞の○○記者は嫌い」ということはあるでしょう。しかし三宅さんと政治家の関係は、もはや普通の関係を超えてしまっている。

上杉:官房機密費の問題は、お金の出所が税金であること。しかし新聞やテレビはこの問題について、1文字も報じない異常さがある。このことを海外のメディアに話したところ、完全に呆れながら、「普通ならば大キャンペーンを張って、糾弾しているだろう」と言っていました。しかし日本の主要メディアはキャンペーンを行うどころか、全く触れようとしない。なぜ報道しないかというと、自分たちもお金をもらっているからとしか考えられない。お金をもらっていなければ、記事にできるはずですから。

 各社は「コンプライアンスは必要」などと言っているんだから、少なくとも内部調査はしなければいけない。

窪田:そうですね。

相場:そもそもコンプライアンスの室長あたりがもらっているかもしれない(笑)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ