ニュース
» 2010年08月19日 08時00分 UPDATE

-コデラ的-Slow-Life-:中身はしっかり作ってあるPetri 35 F2

ファインダーと後玉が曇っているPetri 35 F2を、早速、軍艦部から分解する。どうやらレンズの曇りはカビのようである。レンズはただのガラスなのに、どうしてカビが繁殖するのだろうか。

[小寺信良,Business Media 誠]

 ファインダーと後玉の曇りという症状のPerti 35 F2。早速、軍艦部から分解である。ネットではそのものズバリの分解の記録は見つからなかったが、同じパーツを使った別のモデルを参考にしながら、分解を進めて行く。

 一番の難関は、巻き上げレバーのネジだ。ネジの溝がないので、どう回るのか、あるいはどこがネジの本体なのかが分からない。最初は中心部分の金属がネジの頭なのかなと、一生懸命ゴムを使って回そうとしたが、いっこうに回らない。

 そこで考え方を変えて、「もしかして、この平たい出っ張り全体がネジなんじゃないの」とひねって見たら、それが正解だった。飾りネジとしては相当大きな頭である。

コデラ的-Slow-Life 真ん中だけがネジなのかと思ったら、全体で1つのネジだった

 あとの開け方は通常のカメラとさして変わらない。いくつかのネジで止まっているだけである。肝心のファインダー部だが、構造としてはよくある二重像型のものと変わらないものの、各レンズの取り付けはガッチリ接着剤で止めてある。

 普通は多少なりとも調整するポイントがあるものだが、設計がしっかりしているのか、微調整できる個所はなさそうに見える。

コデラ的-Slow-Life ファインダーのレンズはかなりがっちり接着してある

 二重像のファインダーは、素通しで画角を見るための光学系と、距離を測るための光学系の2ブロックに分かれているのだが、その仕切りも薄い金属板である。ここはコストをかけても仕方がない部分なので、ほかのカメラではただの黒い紙が接着されているだけのものも少なくないが、この当時のPetriはかなり真面目に作ってあるようだ。

コデラ的-Slow-Life かなり丁寧な設計と製造

 のちに低価格路線へ変更したため、安かろう悪かろうで失速してしまうことになるのだが、もったいない話である。

中身の汚れの原因は……

 ただ、どんなにしっかり作ってあっても、現状の中身は見てお分かりのように埃だらけだ。よくあるパターンでは、内部のモルトが腐食してバラバラになり、それが埃になって内部を汚しまくるのだが、今回はそういうこともないようだ。どこかに埃が侵入する隙があるのかもしれない。

コデラ的-Slow-Life 埃だらけの内部

 何はともあれ、取り合えずブロアーで埃を吹き飛ばし、レンズクリーナーできれいにしていく。最初は埃だと思っていたのだが、どうやらレンズの曇りは、カビのようである。

 拭けばある程度までは落ちるが、深くドット状に食い込んでいるものは難しい。レンズを外して拭き取ればもうちょっと綺麗になると思うのだが、強力に接着してあるので外せなかった。無理に外すと、古いものなので割れてしまう可能性が高い。そのあたりが現行品の修理とは異なる点である。

 レンズはただのガラスなので栄養分などなさそうなのに、どうしてカビのような有機体が繁殖できるかというと、どうやら最初はコーティング剤を栄養にするようだ。あとは内部に水が入ったり、密閉され適度な湿度を保っていたりするなど、偶然繁殖に丁度良い条件が揃ってしまうのだろう。

 カビを拭き取るときも、内部で胞子を撒き散らしてしまうので、完全な根絶は難しい。あとは中身を開けた状態で日光浴でもさせて乾燥、殺菌するなど、環境を劇的に変えるしかない。

 二重像が見づらかったのは、反射に使っているミラーが曇っていたことが原因だった。これを綺麗にしたところ、二重像はかなりはっきりした。全体としてはまだ曇っているが、少なくとも画角は分かるので、実用上問題ない範囲である。

コデラ的-Slow-Life 反射ミラーを丁寧に磨くと、二重像がはっきりした

 巻き戻しレバーの渋りは、レバーの裏側に糊のようなベタベタした汚れが付着していたのが原因だった。これもクリーナーを使って綺麗にしたら、スムーズに動くようになった。

 後玉の曇りは、幸いにしてカビではなく、単なる汚れだったようだ。クリーナーで拭き取っだけで、かなり綺麗になった。これは撮影が楽しみである。

小寺 信良

photo

映像系エンジニア/アナリスト。テレビ番組の編集者としてバラエティ、報道、コマーシャルなどを手がけたのち、CGアーティストとして独立。そのユニークな文章と鋭いツッコミが人気を博し、さまざまな媒体で執筆活動を行っている。最新著作はITmedia +D LifeStyleでのコラムをまとめた「メディア進化社会」(洋泉社 amazonで購入)。


関連キーワード

-コデラ的-Slow-Life- | 小寺信良


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -