ニュース
» 2010年08月17日 17時32分 UPDATE

お盆の渋滞は大幅に減少、事前の周知で利用が分散化

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 東日本高速道路など高速道路各社は8月17日、お盆時期(8月5日〜16日)の渋滞状況を発表、10キロ以上の渋滞回数は448回と前年比14%減、30キロ以上の渋滞回数は同54%減の26回となったことが分かった。東日本高速道路では「各メディアが『今年は過去最多の渋滞が発生する』と大きく報道した結果、利用者がピークを避けて利用するようになったことが原因ではないか」とコメントしている。

ah_zyuu1.jpg 渋滞回数(出典:東日本高速道路)

 主な渋滞箇所を見ると、上り線では8月14日18時40分ころに常磐道の水戸北スマートインターチェンジ付近で52.8キロ、下り線では8月12日10時20分ころに東名高速の岡崎インターチェンジ付近で51.7キロが最長だった。

ah_zyuu2.jpg 主な渋滞箇所(出典:東日本高速道路)

関連キーワード

渋滞 | 高速道路


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集