ニュース
» 2010年08月16日 17時28分 UPDATE

お盆の利用実績、ANAとJALの明暗分かれる

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 全日本空輸(ANA)および日本航空(JAL)は8月16日、お盆期間中(8月6日〜15日)の利用実績を発表した。ANAの旅客数は国内線が前年比5.6%増の134万1517人、国際線が同12.3%増の16万6680人と好調だった一方、JALは国内線が同10.8%減の114万6315人、国際線が同11.9%減の32万5498人と大きく減らしたことが分かった。

ah_obon1.jpg 全日本空輸のお盆期間中(8月6日〜15日)の利用実績
ah_obon2.jpg 日本航空のお盆期間中(8月6日〜15日)の利用実績

 方面別の旅客者数を見ると、国内線はANAはすべての方面で前年より増加、特に沖縄方面は前年比15.8%増の22万7885人と大幅に増加した。対照的にJALはすべての方面で前年より減少、特に九州方面は同20.1%減の23万5760人となった。

 国際線はANAは欧州方面(前年比26.4%増)や中国方面(同23.4%)で好調、JALはオセアニア線(26.8%)は好調だったものの、欧州線(31.5%)などの不振が響いた。

 期間中のピーク期間は、国内線は両社ともに下り便が8月12日、上り便が8月15日、国際線は日本発がANAは8月6日〜8日、JALが8月6〜7日、日本着は両社とも8月15日だった。

ah_obon3.jpg 全日本空輸の国内線方面別利用実績
ah_obon4.jpg 日本航空の国内線方面別利用実績

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集