調査リポート
» 2010年08月11日 15時47分 UPDATE

2009年の世界ビール生産量、アジアが欧州を抜く

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 キリン食生活文化研究所は8月10日、「2009年世界主要国のビール生産量」を発表、2009年の世界ビール総生産量は前年比76万キロリットル(0.4%)増の1億8099万キロリットルとなったことが分かった。

 世界ビール総生産量は1985年以降25年連続で増加しているが、対前年増加率の0.4%増は、1974年の調査開始以来、1984年、1983年に続いて3番目に低い結果となった。キリン食生活文化研究所では「世界的な不況がビール市場にも影響していると考えられる」とコメントしている。

ah_biru1.jpg 世界のビール総生産量と増加率推移(クリックで拡大、出典:キリン食生活文化研究所)

 国別の生産量を見ると、トップは「中国」で4236万キロリットル(前年比7.0%増)。以下、「米国」(2302万キロリットル、同0.2%減)、「ロシア」(1085万キロリットル、同4.8%減)、「ブラジル」(1080万キロリットル、同4.4%増)、「ドイツ」(999万キロリットル、同2.8%減)が続いた。日本は同2.2%減の599万キロリットルで世界7位だった。

 地域別に見ると、中国(前年比7.0%増)やベトナム(同24.3%増)、インド(同12.3%増)などが大幅に伸びたアジアが同5.5%増の5867万キロリットルと好調で、欧州(5515万キロリットル)を抜いて、世界最大のビール生産地となった。

ah_biru2.jpg 2009年国別ビール生産量(出典:キリン食生活文化研究所)

関連キーワード

ビール | 食生活 | キリンビール


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集