ニュース
» 2010年08月10日 18時15分 UPDATE

品川駅に“マーケティング頭脳”持ったWiMAX対応自販機

JR東日本ウォータービジネスが、大型タッチディスプレイや顧客属性判別機能などを備えた次世代自販機を品川駅に設置。WiMAX網を介して最新のコンテンツを表示したり、専用サーバに顧客属性情報を蓄積したりもできる。

[山田祐介,ITmedia]
photo

 JR東日本ウォータービジネスは8月10日、WiMAX通信モジュールを搭載し、顧客属性などのマーケティングデータを蓄積できる自動販売機を品川駅に設置した。先行的に2台設置し、これらの実績を踏まえつつ今後2年で各駅に計500台程度を展開する考え。

 自販機は47インチの大型タッチパネルディスプレイを備え、細かい商品情報が見られるなどタッチディスプレイならではの表現を実現。また、専用サーバとWiMAX網によるデジタルサイネージのネットワークを構築し、気温などの各種情報を表示する。また、遠隔操作による災害時の飲料の無料提供にも対応した。

 高度なマーケティング機能も特徴の1つ。本体上部にある顧客属性判定用センサーで利用者の年齢や性別を推測し、属性に合ったお勧め商品を表示する。判定した属性情報はPOS情報としてWiMAX網を介してサーバに蓄積され、マーケティングデータとして活用できる。

 自販機のデザインはデザイナーの柴田文江氏が担当し、「従来の自販機にない洗練されたデザイン」になったとしている。

photo 人感センサーを備え、利用者が近づくことで画面が切り替わる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集