ニュース
» 2010年08月06日 13時32分 UPDATE

東京都がイジメの実態を明らかに

東京都は8月5日、都内公立学校で起きたイジメの実態について明らかにした。イジメの件数は3521件で、前年度より5.0%増加した。

[土肥義則,Business Media 誠]

 東京都は8月5日、都内公立学校で起きたイジメの実態について明らかにした。調査結果によると、イジメの件数は3521件で、前年度より5.0%の増加。校種別で見てみると、小学校、中学校では増加しているものの、高校では減少という結果に。

yd_ijime1.jpg イジメの認知件数(出典:東京都)

 イジメの件数を学年別に見てみると、小学校では5年生が24.1%(405件)、中学校では1年生が48.9%、高校では1年生が57.1%でそれぞれ最も多かった。またイジメを発見したきっかけを聞いたところ、小学校は「学級担任が発見」、中学は「本人からの訴え」、高校は「学級担任が発見」と「本人からの訴え」が多かった。

 イジメの状態については、小・中・高ともに「冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる」(小学73.9%、中学66.1%、高校60.0%)がトップ。このほか小学校では「仲間はずれ、集団による無視をされる」(27.0%)、「軽くぶつかられたり、遊ぶふりをして叩かれたり、蹴られたりする」(20.6%)などが多い。

 中学では「軽くぶつかられたり、遊ぶふりをして叩かれたり、蹴られたりする」(23.1%)、「仲間はずれ、集団による無視をされる」(19.2%)が目立ち、高校では「軽くぶつかられたり、遊ぶふりをして叩かれたり、蹴られたりする」(40.0%)や「ひどくぶつかられたり、叩かれたり、蹴られたり」「PCや携帯電話などで、誹謗中傷や嫌なことをされる」(いずれも17.1%)といった実態が多いようだ。

yd_ijime2.jpg (出典:東京都)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集