連載
» 2010年08月06日 08時00分 UPDATE

男子スイーツ部:1000円で甘いモノ何軒食べ歩けるか?――神田編 (1/4)

「人は1000円札1枚持って街を歩いたら、何軒のお店で甘いモノを買い食いできるのか?」――毎回6軒のお店をまわれるのですが、今回はどうしょうか。さあ、出発しましょう。

[ter,男子スイーツ部]
男子スイーツ部

 今回のレポートは、「1000円札1枚持って街を巡って、何が食べられるか」の神田編をお送りします。街を巡る際のルールは以下のとおりです。

  • 当初予算は「1000円」。
  • ある駅で降りてから、歩ける範囲内で複数のお店を回る。
  • 残金100円を切るまでは「何か買う」。
  • 基本的に「甘いもの」に限定する。
  • ジャンクばっかりにはしない。
  • 特殊な限定品がある場合を除き、コンビニ、スーパー禁止。

過去の1000円で甘いモノ何軒食べ歩けるか?

中野編|新宿編|銀座編|池袋編|御徒町〜湯島編


 毎回6軒のお店をまわれるのですが、今回はどうしょうか。さあ、出発しましょう。

神田に到着。神保町方面へ行こう

 神田に到着。いつものように今回のルートを考えます。神田駅周辺には、あまりお菓子屋さんがありませんので、神田→須田町→神保町の本屋街といったルートを取ることにしましょう。

 実は以前、神保町でも1000円でどこまで食べられるかを試したことがあります。しかし、うまくまとまらず、ボツになってしまっていることもあり、今回は出発前からドキドキの展開です。

※以下の内容は、すべて2009年11月時点での価格となります。

 神田駅から靖国通り方面に向かいます。その途中、「庄之助」がありますので寄ってみます。こちらで購入したのは、軍配をかたどった「庄之助最中」です。

男子スイーツ部 庄之助最中、170円。相撲ゆかりのお菓子です

 粒のしっかり残った小豆餡が非常においしい。「二十二代/庄之助」の文字が入っているのが分かりますでしょうか。

 実はこの庄之助、公式Webサイトに「大相撲立行司二十二代木村庄之助を父にもち、庄之助の店として恵み豊かに商いをさせて頂いております」との記載があるとおり、店内には写真や相撲にちなんだグッズが置いてあり、見ているだけでも楽しめます。

男子スイーツ部 いろいろ相撲関連のものが置いてあります

 相撲気分を満喫したあとは、靖国通りに向かいます。

ここまでの使用金額:170円

残り:830円


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright (c) NIFTY 2014 All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集