ニュース
» 2010年08月03日 12時34分 UPDATE

いつから悩んでる? 髪の毛が薄いことで

薄毛や脱毛の悩みは誰に相談する人が多いのだろうか。20代男性は「配偶者(妻)」「恋人」と答えた人が多かったが、20代女性では「母親」と回答した人が最も多かった。リーブ21調べ。

[土肥義則,Business Media 誠]

 あなたは何歳くらいから、薄毛・脱毛が気になるようになってきましたか? 薄毛を自覚している人に聞いたところ、男性は「20代までに」が33%、「30代までに」が60%いることが、リーブ21の調査で明らかになった。一方の女性は「40代までに」(70%)と「30代までに」(43%)が多かったが、20代までに気になり始めた人も19.8%いた。「最近は付け爪のせいで頭皮をきちんと洗えていなかったり、エクステンションで引っ張られたりすることから、若くても薄毛に悩む女性がいるようだ」(リーブ21)

 薄毛や脱毛が気になるときはどういうときかと聞いたところ、男性は「鏡を見たとき」(63%)と答えた人がトップ。次いで「シャンプーしたとき」(33%)、「雨でぬれたとき」(24%)、「理・美容室に行ったとき」「他人の視線を感じたとき」(いずれも17%)と続いた。一方の女性も「鏡を見たとき」(57%)と答えた人が最も多かった。以下「シャンプーをしたとき」(46%)、「ヘアブラシを使ったとき」(28%)、「理・美容室に行ったとき」(19%)、「雨でぬれたとき」(16%)という結果に。

yd_hair2.jpg 薄毛が気になるシチュエーション(出典:リーブ21)

薄毛の悩みは誰に相談する?

 薄毛や脱毛の悩みは誰に相談する人が多いのだろうか。20代男性で最も多かったのは「配偶者(妻)」(17%)、次いで「恋人」(13%)であり、「父親」(10%)と答えた人より多かった。一方、20代女性では「母親」(33%)が「配偶者(夫)」(22%)や「恋人」(8%)を上回った。「男性は相談する相手として、同性である父親よりも母親の方を選んでいる。これは自分自身が薄毛で悩んでいる父親には期待できないと考えているのか、もしくは頼りになるのは父親より母親だと考える傾向があるのかもしれない」(リーブ21)

yd_hair3.jpg 薄毛や脱毛に悩んだとき、誰に相談しますか? (出典:リーブ21)

 インターネットによる調査で、10代以上の男女4800人が回答した。調査期間は5月27日から5月31日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集