調査リポート
» 2010年07月30日 08時00分 UPDATE

6割の人は、お盆の高速道路「高くても渋滞が少ないを希望」

お盆の帰省時において、何キロまでの渋滞ならイライラしないでいられますか? 夏休みに自家用車で帰省する人に聞いたところ「0〜10キロ未満」(60.3%)と答えた人が断トツであることが分かった。ソニー損害保険調べ。

[Business Media 誠]

 「お盆割り増しがある(通常料金よりも高くなる)が、例年のお盆より渋滞が少ない高速道路」と「ETC割引(1000円上限)があるが、例年のお盆より渋滞が多い高速道路」のどちらを選びますか? 夏休みの帰省で自家用車を利用する人に聞いたところ「高くても渋滞が少ないを希望」する人が61.3%、「渋滞が多くても安いを希望」は38.7%であることが、ソニー損害保険の調査で明らかになった。高くても渋滞が少ない高速道路を希望する人は、昨年(2009年)の54.0%より7.3ポイント上昇。「昨年よりも“料金が高くても渋滞が少ない”を希望する割合が高くなっていることが分かった」(ソニー損害保険)

 お盆時期の高速道路料金の割引に対する意見を聞いたところ「土日のみでよいと思う」と答えた人は29.6%、「平日にも拡大してほしいと思う」は50.3%。お盆時期の割引は土日だけでなく、平日まで拡大してほしいと思う人が多いという結果に。

yd_car.jpg (出典:ソニー損害保険)

眠気覚ましに聞きたいアーティスト

 お盆の帰省時において、何キロまでの渋滞ならイライラしないでいられるのだろうか。夏休みに自家用車で帰省する人に聞いたところ「0〜10キロ未満」(60.3%)と答えた人が断トツ。次いで「10〜20キロ未満」(16.4%)、「20〜30キロ未満」(11.6%)、「渋滞が発生するのはやむを得ないので距離を気にしない」(6.0%)と続いた。

 また眠気目覚まし音楽として最も聞きたいアーティストを聞いたところ「サザンオールスターズ」(8.8%)と答えた人が最も多かった。次いで「B'z」(5.7%)、「嵐」(3.9%)、「EXILE」(2.7%)、「TUBE」(2.3%)と続いた。

 インターネットによる調査で、20〜50代の男女1000人が回答した。調査期間は7月16日から7月20日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集