トップ10
» 2010年07月29日 11時00分 UPDATE

誠 Weekly Access Top10(2010年7月17日〜7月23日):ソフトバンクアカデミアで「孫の二乗の兵法」を学んできた (1/3)

ソフトバンク孫正義社長の後継者を育てるために創設されたソフトバンクアカデミア。開校式に潜り込んで、孫正義社長が経営指針としているという「孫の二乗の兵法」を聞いてきた。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 先週最も読まれた記事は「夏のボーナスはいくらもらった? 大阪の中小企業で働く人たち」。2位は「なぜ千葉景子法相は落選したのか」、3位は「スニーカーで富士山に挑む、男性の呆れた“衝動”」だった。

ソフトバンクアカデミア開校

 ソフトバンクの孫正義社長が、後継者を育てるために創設したソフトバンクアカデミア。その開校式が7月28日、ソフトバンク本社25階の社員食堂で行われた。

 ソフトバンクアカデミアの第1期生は、グループ社員から270人、外部から30人を選抜する。アイティメディアはソフトバンクグループなので、「何となく面白そうだ」と思った筆者もこっそり応募してみたのだが、あえなく落選してしまった。「記者は商売が分からない」と思われがちなので、「あるオンラインゲームで、徹底した生産戦略やマーケティング戦略をもとにゲーム内経済を支配した」とうっかりアピールしてしまったのが逆効果だったかもしれない。しかし、落選したとはいえ、どんな内容になるのか気になったので、開会式に取材と称して潜り込むことにした。

 開会式にはグループ社員からの選抜者270人が参加すると聞いていたのだが、会場で着席している人数を数えると明らかに270人より多い。偉い人に事情を聞くと、通信3社(ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム)以外では選考があったが、通信3社では希望者全員が参加できるようにしたため、その分だけ多くなっているのだという(グループ全体の応募者数は1000人。7月28日0時に募集開始した外部枠30人には、18時間で3700人が応募したそうだ)。

 筆者のように興味本位で応募した人が多いかと思いきや、真面目な顔をして座っている参加者が多く感じられた。参加の動機を聞こうと何人かに話しかけてみたのだが、「ちょっと今は……」と断られてしまった。「みんな軽い気持ちで応募しているに違いない」と思って参加した全国金魚すくい選手権大会に行ったら、本気モードの人ばかりだった10年前の思い出がフラッシュバックした。

ah_son1.jpg
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -