ニュース
» 2010年07月22日 17時52分 UPDATE

富士重・日立共同開発の風力発電システムが海上で稼働開始

[栗田昌宜,Business Media 誠]

 富士重工業と日立製作所は7月21日、両社が共同開発した大型風力発電システム「SUBARU80/2.0」を風力発電事業者ウィンド・パワー・いばらきの港湾外洋上風力発電施設「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」に7基納入、7月1日から本格稼働を開始したと発表した。

 ウィンド・パワー・かみす風力発電所は、国内で初めて港湾外の外海に設置された風力発電施設。鹿島灘の海岸線から約50メートル沖合側の海上にSUBARU80/2.0が7基設置されており、一般家庭約7000世帯の年間消費電力相当分を発電する。

 SUBARU80/2.0は、直径80メートルのローター(羽根)を風下側に配置したダウンウィンド方式の風力発電システム。ダウンウィンド方式は風を受け流す風見効果があり、台風などによる突風に対して安全性が高いため、内陸部に比べて風速が高い洋上の風力発電システムに適しているという。定格発電出力は2000キロワットで、両社によると2000キロワット級の風力発電システムでダウンウィンド方式を商用化したのは、同システムが世界で初めてだという。

ah_pwkamisu.jpg 日本初の港湾外洋上風力発電施設「ウィンド・パワー・かみす風力発電所」

関連キーワード

風力発電


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集