ニュース
» 2010年07月22日 17時37分 UPDATE

コスモ石油、スリーエフなどと共同でグリーン電力100%のEV充電サービスを開始

[栗田昌宜,Business Media 誠]

 コスモ石油は7月22日、スリーエフおよびエナジーグリーンと共同で横浜市内のスリーエフ2店舗に電気自動車(EV)用充電器を設置するとともに、グリーン電力証書を活用したグリーン充電サービスを開始したと発表した。

 グリーン充電サービスは、充電サービスの利用者がグリーン電力100%でEVに充電できるようにするサービス。それを証明するのがグリーン電力証書で、コスモ石油系列のサービスステーション(ガソリンスタンド)に設置した太陽光発電システムで発電した電力相当分の環境負荷価値をエナジーグリーンがグリーン電力証書として証書化。スリーエフが充電サービスに使用した電力量と同量分のグリーン電力証書を購入することにより、100%グリーン電力であることを証明できる仕組みとなっている。

 EV用充電器が設置されたのは、横浜市都筑区のスリーエフ都筑大棚店と同都筑勝田橋店の2店舗。1基で2台まで同時に充電できる200ボルト充電器が各1基され、スリーエフのEV営業車やコスモ石油がEVユーザー向けに発行しているコスモEV会員カード所有者のほか、同店舗に来店した一般客も利用できる。利用料金は当面無料。サービス実施期間は2011年6月30日まで。

関連キーワード

グリーン電力 | 電気自動車 | 充電器


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集