調査リポート
» 2010年07月21日 18時26分 UPDATE

添付ファイル付け忘れ、誤字脱字……6割弱がビジネスメールで失敗経験あり

もはや仕事に欠かせないツールとなっているメールだが、6割弱はここ1年の間にビジネスメールで失敗した経験があるようだ。アイ・コミュニケーション調べ。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 もはや、仕事に欠かせないツールとなっているメール。ビジネスパーソンたちは、どのように利用しているのだろうか。

 アイ・コミュニケーションの調査によると、「仕事上で1日に送信するメールは何通ですか?」と聞いたところ、「1〜5通」(33.14%)や「6〜10通」(28.98%)という人が多く、平均は9.87通だった。85.65%の人は20通以内でおさまっているが、中には100通以上送るという人も0.29%いた。

 一方、「仕事上で1日に受信するメールは(迷惑メールも含め)何通ですか?」と聞くと、「20〜39通」(18.94%)や「10〜19通」(17.22%)が上位に並んだ。1000通以上もらっている人も1.43%おり、平均は90.24通だった。受信メールに占める迷惑メールの割合の平均は25.82%で、迷惑メールを除いたビジネスメールの通数は平均66.94通。アイ・コミュニケーションでは、受信数が送信数の7倍以上となっていることについて「情報共有のためにcc、bccを多用している傾向が見受けられる」と分析している。

ah_meru1.jpg 仕事上で1日に送信するメールは何通ですか? (出典:アイ・コミュニケーション)
ah_meru2.jpg 仕事上で1日に受信するメールは(迷惑メールも含め)何通ですか? (出典:アイ・コミュニケーション)

 電話のようにリアルタイムではやり取りできないメール。「メールの返信はいつまでに欲しいですか?」と聞くと、「24時間(1日)以内」が46.63%で断トツ。しかし、「30分以内」(7.46%)や「1時間以内」(9.61%)と即時の対応を求める人も少なからずいるようだ。

 一方、「メールの返信はいつまでにしていますか?」と聞くと、こちらでも「24時間(1日)以内」が35.72%で断トツ。ただ、「30分以内」(13.34%)や「1時間以内」(15.21%)の割合が前問より高くなっており、返信が欲しいタイミングよりも、実際に返信をしているタイミングの方が早くなる傾向があるようだ。

ah_meru3.jpg メールの返信はいつまでに欲しいですか? (出典:アイ・コミュニケーション)
ah_meru4.jpg メールの返信はいつまでにしていますか? (出典:アイ・コミュニケーション)

6割弱は過去1年間でメールの失敗がある

 メールは手軽に送れるメリットがある反面、失敗が起きやすいツールでもある。「過去1年間でメールの失敗はありますか?」と尋ねると、「ある(よくある+たまにある)」は56.53%と半数を超えた。

 「ある」と答えた人に「どのような失敗ですか?」と聞くと、トップは「添付ファイルを付け忘れ」で55.08%。以下、「誤字や脱字」が44.92%、「宛名間違い」が27.41%、「言葉遣い」が20.56%、「誤った件名(タイトル)」が19.54%、「内容(本文メール)が分かりにくい」が17.77%、「メールの返信スピードが遅い」が17.26%、「添付ファイルの容量オーバー」が17.26%で続いた。プライベートな携帯メールでは一般的な絵文字や顔文字だが、「絵文字・顔文字を使用」とした人は0.51%にとどまっているようだ。

 インターネットによる調査で、対象は697人。調査期間は6月1日から30日。

ah_meru5.jpg (過去1年間でメールの失敗がある人に)どのような失敗ですか? (出典:アイ・コミュニケーション)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ