調査リポート
» 2010年07月20日 13時13分 UPDATE

夏冷えを感じる場所、オフィスや電車・バスが上位に

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 暑い夏とはいえども、クーラーの設定温度が低い場所だと、逆に寒さに悩むもの。

 花王や永谷園などが協賛する血めぐり研究会の調査によると、20〜60代の女性で「夏に冷えを感じる」という人は約5割、年代が下になるほど割合は高くなる傾向にあった(60代29.2%、50代44.2%、40代52.5%、30代63.3%、20代60.8%)。

 「夏に冷えを感じる」と答えた人に「夏冷えを感じる場所」を聞くと、最も多かったのは「オフィス」で74.3%。以下、「電車・バスなど乗り物」が68.0%、「デパートやスーパー」が56.7%、「ファミリーレストランなど飲食店」が46.0%、「映画館」が42.7%で続いた。血めぐり研究会では「空調の整備内容や、滞在時間の長さなどが影響していると考えられる」と分析している。

ah_hie1.jpg 夏冷えを感じる場所(出典:血めぐり研究会)

 どこに冷えを感じるのだろうか。「夏冷えを感じる部位」を尋ねると、トップは「足先」で77.0%。以下、「手先」が51.7%、「脚部」が42.7%、「肩」が33.7%、「腰」が25.7%、「首」が22.0%で続いた。手足の先や脚部など、夏場に露出しやすい場所が上位にランクインしているようだ。

 インターネットによる調査で、対象は20〜60代の女性600人。調査時期は2010年5月。

ah_hie2.jpg 夏冷えを感じる部位(出典:血めぐり研究会)

関連キーワード

研究会・勉強会


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集