ニュース
» 2010年07月14日 08時00分 UPDATE

温故知新、京都発のセルロイド和風ボールペン「金魚」

京都セルロイドは、セルロイド製ボールペン「金魚」を10月に発売する。価格は、シガータイプが9000円、シリンダータイプが7000円。

[加藤宗肖,Business Media 誠]

 京都セルロイドは、ボディ素材にセルロイドを用いたボールペン「金魚」を10月に発売する。価格は、シガータイプが9000円、シリンダータイプが7000円。なお、販売は同社店舗および通信販売のみ。

金魚 金魚

 これは、7月7日から9日まで開催された国際文具・紙製品展ISOT 2010に参考出展していたもの。すでに同社では、金魚シリーズの万年筆(シガータイプ1万4000円、シリンダータイプ1万2000円)を販売している。

 ボール径0.5ミリのペン先部分は独シュミット製。ボディのデザイン性だけでなく、書き味にもこだわったという。京都の伝統工芸であるセルロイドは、紙や木など自然由来の原料から作られるため、美しいだけでなく環境にも優しい。京都市内の工房で1本あたり約6カ月間をかけて手作りする。

 シガータイプは、その名のとおりボディが葉巻(シガー)のような丸みを帯びたデザインになっていて、角がないため手に馴染む。一方、シリンダータイプはボディの前後が切り詰められた円柱型デザイン。セルロイド製ボディは、独特の柔らかで懐かしい質感が心地よい。

 プラスチックに押され、国内では生産が終了したセルロイド。かつてセルロイド製の万年筆を生産していた職人たちは、身近な存在である文具からセルロイド復活をスタートした。

 レトロなだけでなく、職人の思いを乗せた「金魚」。夏の気分とともに、“和”のテイストを持つボールペンはいかがだろうか。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集