ニュース
» 2010年07月12日 20時27分 UPDATE

あごのカーブにあわせてヘッドが動く電気シェーバー「センソタッチ3D」

フィリップスエレクトロニクスジャパンは、電気シェーバー「センソタッチ3D」と「センソタッチ」を8月中旬に発売する。あごまわりの剃りやすさが特徴だ。

[岡田大助,Business Media 誠]
センソタッチ3D センソタッチ3D RQ1280CC(出典:フィリップスエレクトロニクスジャパン)

 フィリップスエレクトロニクスジャパンは、電気シェーバー「センソタッチ3D」4モデルと「センソタッチ」2モデルを8月中旬に発売する。あごまわりの剃りやすさが特徴だ。価格はオープンプライス。

 センソタッチ3Dは、3つのシェービングヘッドがそれぞれ柔軟に動く「独立可動3Dシステム」を採用。あごまわりのカーブにシェービングヘッドが追従する。また、1つのシェービングヘッドには3列の刃を搭載するほか、異なるひげの長さに対応する3種類のトラックを備える「ウルトラトラックヘッド」となった。

 一方、センソタッチは中価格帯モデル。シェービングヘッドが2方向に動く「2D可動システム」や、くせひげをくし状のスリットでとらえる「くせヒゲキャッチ外刃」などの機能を搭載する。

 センソタッチ3D、センソタッチともに、泡フォームやジェルを使ったウエットシェービングが可能(防水仕様、IPX7基準をクリア)。充電式で、1時間の充電で17〜20回程度使用できる。

 最上位モデルとなる「センソタッチ3D RQ1280CC」のサイズは、58×67×164ミリ(横×奥行き×高さ)、重さは177グラム。

関連キーワード

ひげそり | 身だしなみ | ファッション


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集