ニュース
» 2010年07月08日 12時50分 UPDATE

お惣菜を購入する主婦について、夫と妻の考えに違い

夕食について、どんな不満を感じている人が多いのだろうか。既婚男性に聞いたところ「品数が少なすぎる」と答えた人が最も多く、次いで「献立(メニュー)」だった。フジッコ調べ。

[Business Media 誠]

 夕食で不満に思うことは何ですか? 既婚男性に聞いたところ「品数(バラエティ)が少なすぎる」(26.3%)と答えた人が最も多く、次いで「献立(メニュー)」(11.3%)、「量(ボリューム)が多すぎる」(10.3%)、「栄養バランスが悪い」(8.0%)、「量(ボリューム)が少なすぎる」(7.8%)であることが、フジッコの調査で分かった。

yd_food.jpg (出典:フジッコ)

 理想のおかずの品数を聞いたところ「3品」(51.3%)と答えた人が最も多く、次いで「2品」(26.3%)だった。またおかずの品数は愛情や気遣いが関係すると思いますか、と聞いたところ「そう思う(とても+やや)」と答えた人は71.8%。さらに夕食の品数が多いと「愛されている、気分がいい」とした人は78.6%に達した。

yd_food2.jpg (出典:フジッコ)

惣菜をうまく活用している主婦について

 購入した惣菜をうまく活用している主婦を、夫はどのように感じているのだろうか。この質問に対し「賢い主婦」と答えた人は84.6%。一方の女性に、惣菜を購入する主婦のことをどのように思っているのかを聞いたところ「割り切り主婦」(50.1%)と答えた人が最も多かった。次いで「賢い主婦」(20.8%)、「手抜き主婦」(12.8%)という結果に。「あと一品足りないとき市販の惣菜を活用している主婦を、『割り切り主婦』と考えている妻に対し、夫は『賢い主婦』と前向きにとらえていることが分かった」(フジッコ)

 インターネットによる調査で、20〜50代の既婚男女1200人が回答した。調査期間は5月28日から5月30日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集