ニュース
» 2010年07月07日 12時18分 UPDATE

日本コカ・コーラ、ローソンと共同でカーボンオフセット付き清涼飲料水を販売

[栗田昌宜,Business Media 誠]

 日本コカ・コーラと各地域のボトラーや関連会社などで構成するコカ・コーラシステムは7月5日、カーボンオフセット付き清涼飲料水を7月6日から全国のローソン約8800店舗で発売すると発表した。販売本数は約168万本。

 カーボンオフセット付きで販売されるのは、夏専用のエネルギー飲料水「リアルエナジー」。ブラジルのバイオマス発電事業によって創出されたCO2排出権をコカ・コーラシステムとローソンが費用負担して購入し、リアルエナジーの購入者に代わって国の償却口座に無償移転することで、京都議定書で定められた日本のCO2排出量削減目標の達成に貢献する仕組み。CO2排出権は1本につき1キロ付与されているので、約168万本を完売すると約1680トンのCO2をオフセットすることができる。

 両者によるカーボンオフセット付き清涼飲料水の販売は今年で3年目。昨年は8カ月間で合計461万8000本のカーボンオフセット付き清涼飲料水を販売し、合計4618トンのCO2をオフセットした。

ah_riaena.jpg リアルエナジー(出典:日本コカ・コーラ)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ