ニュース
» 2010年07月05日 14時12分 UPDATE

耐衝撃性を強化した「エンジニア ハイドロカーボン スペースマスター オービタル」――ボールウォッチ

ボール ウォッチ・ジャパンは、ローターの遊びをなくして耐衝撃性を強化したクロノグラフ「エンジニア ハイドロカーボン スペースマスター オービタル」7月に発売する。価格は44万5200円。

[岡田大助,Business Media 誠]

 ボール ウォッチ・ジャパンは、ローターの遊びをなくして耐衝撃性を強化したクロノグラフ「エンジニア ハイドロカーボン スペースマスター オービタル」を7月に発売する。世界限定999本で、価格は44万5200円。

ボール ウォッチ エンジニア ハイドロカーボン スペースマスター オービタル(出典:ボール ウォッチ・ジャパン)
ボール ウォッチ アモータイザー耐衝撃システム(出典:ボール ウォッチ・ジャパン)

 スペースマスター オービタルでは、裏蓋に設置したプロペラ部品を回転させて自動巻きローターを固定できる「アモータイザー耐衝撃システム」を採用。衝撃を受けた際に、ローターが外れたり、外れたローターによってムーブメント内のほかの部品が壊れたりすることを防ぐ。

 このほか、リューズ部分の耐衝撃性を高める「セーフティロッククラウンシステム」、衝撃に強く着け外ししやすい「デプロワイヤントバックル」を採用する。同社によると、プロトタイプでの耐衝撃テストの結果、、5メートルの高さからの落下に耐えたという。

 ムーブメントには自動巻きの「ETA7754」を搭載。主な仕様は、マイナス40度までの耐低温性、100メートル防水など。黒色の文字盤には、60秒計、30分計、12時間積算計のほか、日付表示が付くほか、針や文字盤、ベゼルに54個のマイクロガスライトを配した。ケースはチタン製(ベゼル部分はステンレススチール)、サイズは45×18.3ミリ(直径×厚さ)。

関連キーワード

腕時計


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集