コラム
» 2010年07月02日 22時42分 UPDATE

週末散歩:もしもザクが主人公だったら――富野由悠季氏の立体作品「ZAKUの夢」公開

「機動戦士ガンダム」などの代表作を持つアニメーション監督・富野由悠季氏が手掛けた立体作品が栃木県・おもちゃのまちバンダイミュージアムで公開される。

[岡田大助,Business Media 誠]

 富野由悠季氏といえば、「機動戦士ガンダム」などのアニメーション作品の原作や監督として著名な人物だが、立体作品も手掛けている。その最新作品「ZAKUの夢」が、栃木県下都賀郡にある「おもちゃのまちバンダイミュージアム」で7月3日から一般公開される。

 ZAKUの夢は、ザクが主人公となった新しいガンダム・ワールドを表現した、およそ170×390×280センチ(高さ×幅×奥行き)の作品。2005年に上野の森美術館で開かれた展覧会「GUNDAM -来たるべき未来のために-」で初公開された「From First」をリファインしたもので、当時は公開されなかった壊れたガンダムを中心に12体のザクが囲む。

「ZAKUの夢」「From First」 「ZAKUの夢」と「From First」(C)創通・サンライズ / (C)Yoshiyuki Tomino

 おもちゃのまちバンダイミュージアムは玩具を主とした博物館。厳選した約3万点のバンダイコレクションと4つのテーマミュージアムからなる。このほかにも、歴代の合体ロボが一堂に集結したエリアや、高さ約5.6メートルの原寸大ガンダム胸像など、子供から大人まで楽しめる。2010年7月24日から8月29日までは、夏休み特別企画「SUMMER VACATION CARNIVAL」を毎日開催する。

おもちゃのまちバンダイミュージアム

栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまち3-6-20

バンダイコレクションセンター内

入館料 大人1000円/子供600円

開館日 土、日、祝日 10:00〜16:30

2010年7月24日〜8月31日は毎日開館


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集