調査リポート
» 2010年06月25日 18時11分 UPDATE

いくらまでなら電子書籍を買いますか?

iPadの発売などで、注目度が上がっている電子書籍。多くの人は電子書籍端末や電子書籍の価格が気になっているようだ。楽天リサーチ調べ。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 iPadの発売などで、注目度が上がっている電子書籍。実際に利用しようとすると、どのようなことが課題になるのだろうか。

 楽天リサーチの調査によると、「電子書籍の利用意向」を尋ねたところ、「利用したこともあるし、今後も利用したい」は10.8%、「利用したことはないが、今後利用したい」が53.5%、「利用したことはあるが、今後利用したくない」は3.9%、「利用したことはないし、今後も利用したくない」は31.8%。利用したことはある人は14.7%とそれほど多くなかったが、今後利用したいという人は64.3%と半数以上だった。

 今後利用したいという人に理由を聞くと、トップは「何冊も書籍を持ち運ぶ必要がなく、手軽になるから」で64.5%。以下、「すぐに欲しい書籍を購入し、手元にダウンロードすることができるから」が52.4%、「1冊当たりの単価が下がり、購入するコストを抑えることができるようになると思うから」が48.4%、「電子書籍を読む端末が普及したから」が19.0%で続いた。

ah_densi1.jpg 電子書籍を今後利用したいという人の理由(出典:楽天リサーチ)

 一方、今後利用したくないという人に理由を聞くと、トップは「電子画面で文字を読むのが疲れるから」で61.3%。以下、「紙で読む習慣がついているから」が55.5%、「読んだ気がしないから」が25.8%、「電子書籍を読む端末が充実していないから」が20.2%で続いた。画面で文字を読むことに抵抗感がある人が多いようだ。

ah_densi2.jpg 電子書籍を今後利用したくないという人の理由(出典:楽天リサーチ)

大切なのはやっぱり価格

 今後利用したいという人に「電子書籍サービスを利用するにあたり重要視するポイント」を尋ねたところ、トップは「コンテンツ価格」で73.7%。以下、「読みやすさ」が71.2%、「コンテンツの品揃え」が60.5%、「端末価格」が53.7%、「端末の利便性(重さ・機能性)」が46.0%、「電子書籍の機能性(省スペース・持ち運びやすさなど)」が35.8%で続いた。

ah_densi3.jpg 電子書籍サービスを利用するにあたり重要視するポイント(出典:楽天リサーチ)

 多くの人が価格を重視しているようだが、「専用端末がいくらであれば購入しますか?」と尋ねたところ、最も多かったのは「5000円以下」で38.7%。以下、「5001〜1万円」が24.6%、「1万1〜1万5000円」が15.6%、「1万5001〜2万円」が10.4%で続いた。

 また、「電子書籍1アイテムがいくらであれば購入しますか?」と聞くと、最も多かったのは「201〜300円」で25.0%。以下、「101〜200円」が19.3%、「51〜100円」が15.4%、「401〜500円」が14.3%が続いた。無料でなければ購入しないという人は7.5%に過ぎないようだ。

 インターネットによる調査で、対象は20〜69歳の男女1000人(男性500人、女性500人)。調査期間は6月9日と10日。

ah_densi5.jpgah_densi4.jpg 専用端末がいくらであれば購入しますか? (左)、電子書籍1アイテムがいくらであれば購入しますか? (右、出典:楽天リサーチ)

関連キーワード

電子書籍 | 楽天リサーチ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集