コラム
» 2010年06月24日 17時42分 UPDATE

PAGES TO THE PEOPLE:「広探ゲーム」は広島を救えるか?

広島の地域活性化に真剣に取り組む有志らが生み出したゲームがある。携帯電話に送られてくる指令メールに従って、路面電車でゴールを目指すものだ。ITによる地域活性化の新しい形が見える。

[高畑哲平,Business Media 誠]
誠ブログ

 いま、広島が熱い。

 IT関連事業者に勤務する有志を中心に、広島の地域活性化に真剣に取り組んでいる人たちがいます。たまたま彼らとはイベントを通じて知り合ったのですが、彼らの地域活性化に対する熱意には圧倒されっぱなし。

広探ゲーム 広探ゲーム公式サイト

 東京でこれだけ熱い想いを抱いて頑張ってる若者はいるんだろうか? と少々反省したものです。

 さて、そんな有志達が地域活性化のために投じたプロジェクトが非常に興味深いので紹介します。

 その名も、広探ゲーム。たぶん、広島探検ゲームの略です。

 広探ゲームとは、広島市内を走っている路面電車(有名ですよね)に乗って、携帯電話を使ってすごろくのようにスタート駅からゴール駅までをゲームしながら遊ぶというもの。

 写真のように、駅などに到着するとGPSを使って(たぶん)指令が携帯電話に届きます。その指令をクリアしながら目的地を目指すという何ともわくわくするゲームです。

広探ゲーム広探ゲーム 広探ゲームの様子

 このゲームを通じて、いつもは降車する機会のない駅でも降車するなど、普段何気なく乗っている路面電車の違う一面が見られるかもしれません。

 ITによる地域活性化と聞くと、いままではあまり良いイメージがありませんでした。せっかく良いアイディアがあっても、行政が動かないとか、予算の大半を○○の電子化に使うとか、どこか目的と手段が逆になっているといいますか。あくまで個人的なイメージですけど、そんな負のイメージがありました。

 でも、今回この広探ゲームは違います。これは面白い。広探ゲームの素晴らしい点は、とにかく楽しむことに力点を置いていること。その手段としてITを使っていることだと思います。

 ITは目的ではなく、所詮は手段。その技術を使ってどれだけわくわくする日常を描けるかに尽きます。まだ出来たばかりの取り組みですが、ぜひ発展してもらいたいですね。

関連キーワード

活性化 | 地域活性 | 携帯電話 | ブログ | GPS


注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集