速報
» 2010年06月23日 17時01分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」夕刊:米国株安や円高を嫌気する動きもあって大幅下落 (1/2)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]

市況概況

日経平均 9923.70円 ▼189.19円
売買高 16億1302万株
日経平均先物 9900円 ▼210円
売買代金 1兆1170億円
TOPIX 880.84 ▼13.72
値上がり銘柄 184銘柄
東証マザーズ指数 410.39 ▼4.58
値下がり銘柄 1420銘柄
日経ジャスダック平均 1268.67円 ▼4.87円
変わらず 64銘柄
騰落レシオ 96.40% ▼3.20%

日経平均

景気回復鈍化懸念から米国株安となったことや円高を嫌気する動きもあって大幅下落

 米国株が大幅安となったことや円高となったことから売り先行となりました。外国人売買動向(市場筋推計、外資系10社ベース)も売り越しと伝えられたこともあり、寄り付きの売りが一巡した後も買い気には乏しく大幅安となりました。為替は落ち着いた展開となったのですが、値動きの悪さ、戻りの鈍さを嫌気するように、好業績銘柄までも手仕舞い売りや見切売りに押されるといった状況でほぼ全面安となりました。

 後場に入ってもいつもの通り大きな動きはなく、下値での底堅さを確認しても買戻しを急ぐでもなく、大幅安水準で小動きとなりました。業績面のニュースなどへの反応も鈍いことから、欧米市場の動向を見極めたいということから買い手控え気分も強く、ちょっとした材料で大きく売られるような展開となるとますます買いが引っ込んで指数が下押すというような感じでした。節目の一つである9900円水準では底堅さも見られたのですが何の抵抗もなく10000円の節目を割り込んだところを見ると、持高調整のような売りも出たのかもしれません。

 小型銘柄も見切売りに押されて軟調なものが多く、値動きの良い銘柄が値動きの良さだけで物色されて指数を下支えするような格好となりました。渡渉マザーズ指数は大幅安となりましたが、日経ジャスダック平均は底堅く、軟調というに止まりました。先物のにもまとまった売り買いはほとんど見られず、狭い範囲での動きとなりました。相変わらず、先を見ての売り買いというよりは目先の売り買いが中心で相場全体の方向感の無さを示していました。

 特にここまで売られる理由もなかったのですが薄商いのなか、大幅下落となりました。先行きに対する見方が対立していることもあるのですが、持高調整の売り買いなど目先の需給要因に振らされて、方向感が掴み切れていないと言うことなのでしょう。悲観的な見方も多いのか、好業績を発表しながらも売られる銘柄も多く、買い気の乏しさを示していました。ただ、足元の業績から見ると割安感の強まっている銘柄も多く、大きく下押すこともないものと思います。

テクニカル分析

日経平均

NYダウ

 転換線の水準まで一気に下落となりました。遅行線がちょうど日々線に上値を押さえられる格好となっており、ちょうど2006年の時と同じような展開となっています。基準線の下落はここで止まったので、RSIやストキャスティックスが落ち着くまで、基準線にサポートされながら押し目を確認することになるものと思います。上値は雲に押さえられていったんは限定的となるのでしょう。

TOPIX

NYダウ

 遅行線は日々線に上値を押さえられ、日々線は基準線・転換線にサポートされています。RSIには上値余地はあったものの下落となっており、ストキャスティックスも高値圏からの調整となり、まだしばらくは遅行線が日々線に抑えられて押し目を確認、遅行線が日々線の底値の日柄になったところで「底−底」一致のパターンで底入れとなるのではないかと思います。

円相場

NYダウ

 雲のねじれで下値を試すように下落となりました。底堅さも見られるのですが、RSIもストキャスティックスも下値余地があり、下落となっており、引き続き下値を探るような軟調な展開となりそうです。ストキャスティックスも下値余地があり、下落とはなっているのですが、底値圏でもあり、大きく下押すというよりは日柄的な調整が続くということなのだと思います。

銘柄ピックアップ

米国株安などから総じて軟調

NTTデータ(9613) 350500 ▼32000

 特許庁の業務システム計画の内部情報をめぐる贈賄容疑で部長が逮捕されたことが嫌気されて売られ、大幅下落となりました。特に業績への影響が見られたわけではないのですが、法令順守の観点から保有を嫌った向きも多かったようです。

日電硝(5214) 1110 ▼27

 昨日の引け後に2010年4−6月期業績を上方修正したのですが、外資系証券がこの4−6月期で収益拡大がピークアウトするとして投資判断と目標株価を引き下げたことから軟調となりました。

ユニデン(6815) 292 △48

 2010年4−6月期の連結営業損益は前年同期の赤字から黒字に転じるもようと新聞で報じられ、手掛かり難の中、幕間つなぎ銘柄として物色されて大幅高となりました。

ハニーズ(2792) 1191 △46

 昨日の引け後に2010ね5月期通期連結業績予想の上方修正を発表、素直に好感する動きで買われ主力銘柄が持高調整で売られ総じて軟調となるなかで逆行高となりました。

ニトリ(9843) 7620 ▼260

 昨日の引け後に2010年3−5月期の連結決算が前年同期比10%増と発表、好調な業績を好感する買いが入りましたが、買い一巡後は既に高値圏となっていることから利益確定売りが嵩み大幅安となりました。

日 立(6501) 351 ▼9 、 三菱重(7011) 324 ▼8

 昨日の夕刻、両社は海外の鉄道事業で提携すると発表、提携にちょって技術力と規模を生かした競争力強化が期待されたのですが、株価は地合いの悪さに押されて軟調となりました。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集