調査リポート
» 2010年06月23日 14時25分 UPDATE

今のアルバイトを辞めたい……その理由は?

現在のアルバイトを辞めたいと思ったことがある人はどのくらいいるのだろうか。アルバイトで働き始めて3カ月以内の人に聞いたところ「ある」と答えた人は34.0%だった。インテリジェンス調べ。

[Business Media 誠]

 現在のアルバイトを辞めたいと思ったことがある人はどのくらいいるのだろうか。アルバイトで働き始めて3カ月以内の人に聞いたところ「ある」と答えた人は34.0%であることが、インテリジェンスの調査で分かった。就業期間別に見ると、働き始めてから現在「1週間未満」の人では21.1%、「1週間以上1カ月未満」では33.3%、「1カ月以上」では 43.3%。就業期間が長くなるほど「辞めたい」と感じる割合は上昇し、1カ月後には4割以上の新人アルバイトが「辞めたい」と感じているようだ。

 辞めたいと思ったことがある人に、その理由を聞いたところ「給与が低い」「上司や店長・リーダーと合わない」(いずれも29.4%)と答えた人が最も多かった。次いで「仕事が楽でない・疲れる」(26.5%)、「長い期間働ける仕事でない」(17.6%)、「上司や店長・リーダーが面倒を見てくれない」(14.7%)と続き、人間関係に関する回答が目立った。

yd_work100.jpg (出典:インテリジェンス)

職場で不満を持った時の行動

 アルバイトを辞めたいと思ったことがある人は、そのときどのような行動をとったのだろうか。「何もしなかった」(51.5%)と答えた人が最も多く、以下「あきらめた・受け入れた」(37.9%)、「相談したいと思っているが、まだ相談をしたことはない」(9.1%)と続いた。仕事内容などに不満を持っても、ほとんどの人はそのことを周囲に打ち明けず、不満を解消することなく働き続けているようだ。

yd_work200.jpg (出典:インテリジェンス)

 インターネットによる調査で、2010年2月以降にアルバイトの職に就き、現在もその仕事をしている男女100人が回答した。調査期間は5月7日から5月8日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集