ニュース
» 2010年06月23日 12時05分 UPDATE

ソーラーフロンティア、システムから施工までを1パッケージ化した低価格太陽電池を発売

[栗田昌宜,Business Media 誠]

 昭和シェル石油の太陽電池パネル製造販売子会社であるソーラーフロンティアは6月18日、太陽電池モジュールから周辺機器、施工一式までを1パッケージ化した住宅向け太陽電池商品「フロンティアパック2400」を発売した。価格は115万2000円。国の補助金を利用すると98万4000円、各自治体の補助金もさらに利用することもできる。

 2.4キロワットのCIS太陽電池モジュール、パワーコンディショナー、接続箱、ケーブル、架台セットなどシステム一式と設置・施工工事一式を統一規格としてパッケージ商品化しており、1キロワット当たり50万円以下で販売できるようになった。同社では「購入者の投資回収期間は、従来の約3分の2に短縮される」とコメントしている。

 また同社は、2010年7月出荷分から、国内で出荷する全太陽電池モジュールの出力保証期間を従来の10年間から20年間に変更すると発表した。出力保証期間20年は、現時点では国内メーカー最長となる。

関連キーワード

太陽光発電 | 太陽電池


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集