連載
» 2010年06月16日 08時00分 UPDATE

それゆけ! カナモリさん:書籍だけじゃない! 美容サロンも“FREE”の時代に? (1/2)

『FREE』という書籍が刊行されて以来、Webの世界では無料が当たり前のような空気が醸成されつつある。これはリアルの場面にも広がるのか? 今回は美容サロンの取り組みを紹介する。

[金森努,GLOBIS.JP]
GLOBIS.JP

それゆけ! カナモリさんとは?

グロービスで受講生に愛のムチをふるうマーケティング講師、金森努氏が森羅万象を切るコラム。街歩きや膨大な数の雑誌、書籍などから発掘したニュースを、経営理論と豊富な引き出しでひも解き、人情と感性で味付けする。そんな“金森ワールド”をご堪能下さい。

※本記事は、GLOBIS.JPにおいて、2009年6月11日に掲載されたものです。金森氏の最新の記事はGLOBIS.JPで読むことができます。


ah_kana1.jpg

 「お願いしまぁ〜す!」。美容サロンの若いスタッフが来店促進のビラを配布する、おなじみの駅前や街中の風景だ。新規顧客の来店ばかりを狙っているように見える美容業界で、従来にない再来店促進の施策を始めたサロンがある。東証一部上場企業でもある大手、株式会社田谷だ。

 TAYA、TAYA&CO.、TAYA blue label、TAYA INTERNATIONALなどを展開する田谷は、従来にない再来店促進策を6月上旬から展開するようだ。

 「施術後2週間、髪形を無料診断、田谷、リピーター呼び込む」(5月28日付日経MJ)

 記事によると、同社の主力であるTAYAなど全国114店舗で、パーマやカラーの施術後、ヘアスタイルを無料で診断するサービスを開始し、髪形が好みに合っていなければ、パーマなどの再施術をするという。

 それだけなら何も珍しいことではない。筆者もカラーを利用していたときに、色の入り方がどうにも気に入らなくて、通っているサロンでやり直してもらったこともある。しかし、あくまでそれは「クレーム対応」のような消極的サービスに過ぎない。

 記事のコメントに「パーマやカラーは髪になじむまでに時間がかかるため、施術から数日後の状態をチェックすることでより効果的なアドバイスができる」とあるように、同社のサービスは、再施術や再来店を積極的に呼び込んでいる点に特徴がある。しかも、それは再施術だけではない。新しい髪形の効果的なセットの仕方などの相談や「外出する前にシャンプーとブローで髪形を整えてほしい」といった要望にも対応するというサービスまで、施術後2週間以内なら提供するのだという。

 冒頭に記した、美容サロンにおなじみの新規顧客獲得施策とは一線を画すこの取り組みには大きな意義がある。

       1|2 次のページへ

Copyright(c) 2017 Globis Corporation All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集